FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
為せば成る。
2019年04月19日 (金) | 編集 |
今日、久しぶりに出席した高1生が「数Aが全然わからない」というので、最後のeトレの時間に1つ1つ説明して、問題に取り組ませてみると、
「今日でかなりわかった!」
と言って帰って行きました。

昨年まで数学が不得意で、入試でもちょっと不安がありました。
ところが、今日の様子を見ると、数学的な考え方が少しずつレベルアップしていることに驚きました。
教えている私が驚いちゃいけないのかもしれませんが(苦笑)。
ミスが多いのは相変わらずなのですが、それでも「こう考えれば解ける」というのが身についていたのには感心しました。
高校入試を経て、数学もしっかりレベルアップしてくれたのだなと嬉しくなりました。

数学ができなくて、できなくて、何回も何回もeトレでくり返し練習していたんですね、高校入試前。
できないのが悔しくて、悔しくて、授業後に泣いていたこともありました。
それでも、一生懸命練習したんですね。
それが、こういう成長につながったのだと思います。

「為せば、成る」
やったことは絶対に無駄にならない、という意味にも取れます。
一生懸命に努力したことは、絶対にみなさんの力になっているはずです。
私も、一生懸命がんばったことは自分の実力にも財産にもなっています。

というわけで、塾生のみなさんは明日のeトレにもぜひぜひ出席を。
一生懸命練習して、その分、レベルアップしてください。
1コマでも2コマでも、集中してがんばった分だけ力は伸びます。
ダラダラは許しませんよ~(笑)。

明日も教室で待っています。


スポンサーサイト
頭痛。
2019年04月17日 (水) | 編集 |
今日は教室に来てから、ずっと頭が痛くて、授業前にバファリンを飲んで授業に。

体調不良かな、とも思ったのですが、多分、原因はこの暑さ。
いきなり23度まで気温が上がれば、そりゃクラクラします。
しかも、今夜はまた9度まで下がって、明日はまた22度まで上がるとの予報。
自律神経も乱れます。

今日は中1も中2も眠そうな生徒が多く、「寝不足か」とも思いましたが、この原因も寒暖の差で体が休まらないのでしょう。
私も居眠りはしませんが、何となく眠気を感じます。
ちょっとしんどい時期です。

上記の通り、明日も22度まで上がるそうです。
体調管理が大変ですが、疲れたら休んで、体を壊さないように注意していきましょう。
健康第一、健全な魂は健全な肉体に宿る、です。

明日も来られる人は来てください。
集団授業の人は体調を整えて出席を。

明日も教室で待っています。


遠友夜学校。
2019年04月15日 (月) | 編集 |
昨日は塾生が所属している劇団の演劇を見てきました。
1時間ほどの芝居でしたが、なかなかおもしろかったです。
おもしろい、と言っても「興味深い」という意味での面白さでした。

テーマは「遠友夜学校」。
北大に「遠友学舎」という建物があり、何となく名前だけは知っていたのですが、その設立や詳細については知りませんでした。
とても興味深かったです。
ぜひともみなさんにも「遠友夜学校」について知ってほしいと思いました。

もう一つ、考えさせられたのは登場人物の1人に赤紙で招集されたあと生きて帰ってきた人がいました。
「生きて帰ってきて恥ずかしかった」というセリフがあるのですが、これを聞いて、「(うちの)じいちゃんはどうだったのかな」と考えさせられました。
うちの祖父も同じく、赤紙が来たのですが戦地に行く前に技術者としての腕を買われ、飛行場へと送られました。
祖父が乗る予定だった船は爆撃で沈められ、全員亡くなったと祖母から聞かされました。
祖父から戦争についての話を詳しく聞くことはありませんでしたが、祖父自身は戦争についてどう思っていたのか、今になって聞いてみたくなりました。
亡くなってからもう少しで20年。
もっともっと早くこのことに気づいていればと、少し悔しくなりました。

もし祖父が出征していたら、戦後に生まれた父はおらず、もちろん、私もおらず、私の子供たちもいませんでした。
この教室も存在しなかったと思います。
こう考えると、私だけでなく、塾生のみんなも生きているだけで奇跡、生きていることはとても「どえらい」ことだと思うのです。
戦争とは、とても悲惨なものです。
その中を生き抜いた人がいたから、今、私たちは生きていられるのだと思います。

遠友夜学校は、二次大戦中になくなったそうですが、今回の演劇を見て、私自身も考えさせられました。
北海道の教育に携わるものとしても。
戦争を生き抜いた人の血を受けつぐものとしても。
まだまだ私もがんばらねば!


4月道コンの個人成績表が届いたので、今日からそれぞれに配付しています。
それぞれに善し悪しがあると思いますが、それを「次」に生かしていきましょう。
歴史とは、そういうものです。
善いところもは続け、悪いところは直す。
そして、「次」につなげていく。
明日も、これからもがんばっていきましょう。

また、教室で待っています。


精神的支柱。
2019年04月13日 (土) | 編集 |
プロ野球の話。
昨年、セ・リーグを優勝した広島東洋カープが今年は現時点で最下位。
先日も延長戦で1イニングに12失点するなど、昨年までから考えたら「あり得ない」状況になっています。

昨年までの広島カープと何が違うのか。
私は、「新井さんが引退したこと」が大きいと思うのです。
「新井さん」とは新井貴浩選手のこと。
昨年までチームの「精神的支柱」としてプレーし、若手が多いカープを支えていた人です。

新井選手はなぜ「精神的な柱」であったか。
それは「弱かった時代を経験している」からだと思います。
その経験があるから、ちょっとやそっとの不調や悪い流れのときも「大丈夫、あの頃と比べたら大したことない」という姿勢でチームを牽引できたのだと思うのです。
今のカープは「強くなったカープ」しか知らない選手が多数。
「このままで大丈夫なのか」と不安に感じる選手も多いと思います。
だから、悪い流れになったとき「このくらい大丈夫」と自信を持って言える存在が必要なのです。


これは、勉強や受験でも同じ。
悪い流れになったときこそ、「大丈夫」と言える自信がほしい。
自信は、努力の分だけ身につくもの。
うまくいかないときにこそ、「これだけのことをやってきたんだから大丈夫」と思えるくらいまでがんばればよいのです。

「受験後勉強しなくなったときに、違和感を覚えるくらいまで勉強しましょう」
これは今年、月寒高校に合格した生徒が後輩へのメッセージの中に書いてくれた言葉。
「先生、食事中も勉強してるんですよ」と個人懇談で保護者の方が話してくれた生徒の言葉です。
それだけの努力が、その生徒の「自信という柱」になったのだと思います。

東高に合格した生徒は、実は直前の道コンで大失敗。
そのときの合格可能性は42%。
でも、私は「大丈夫」「私は全然心配してないよ」「必ず合格するから」と本人に声をかけました。
それだけの努力と成長を見てきたからです。
後日、「あの言葉が自信になった」と伝えられたときは嬉しかったですけどね。
でも、私に「大丈夫」だと思わせるだけのことをやってきた自身の努力があってこそだと思います。

自分がどうしても自信を持てないときは、周りに聞いてみればよいのです。
少なくとも、塾生のみんなの努力は私が見てきましたし、今も見ています。
だから、「これなら大丈夫だよ」とも言えるし、「まだ、足りないんじゃないの」とも言えます。
ズバズバ言いますよ(笑)。
それだけ、みなさんのことを見てきたから、言いたいことは全部伝えていきます。

私自身、塾生のみんなががんばっている姿に支えられています。
だから、私もみんなを支えたい。
みんなが凹んでいるときは何とか「凸」にできるようにしたい。
みんなのがんばりを見てきたから。
自信を持ってほしいから。
みんなの努力はみんなの「柱」になるから。
だから、「大丈夫」「がんばれ」なのです。


明日はお休みです。
また、来週、教室で待っています。
みんなのがんばりをまた見られることを楽しみにして。
これからもがんばっていきましょう。


HP更新。
2019年04月11日 (木) | 編集 |
メインHPを更新しました。
2019年度入試の結果も掲載しています。
来年も全員合格で掲載したいです。

高校入試を突破した生徒の保護者の方から「入学しました」とご連絡をいただきました。
とても嬉しいです。
高校に行っても、自分のペースでがんばってほしいと思います。


さて、新学期の授業をはじめて数日。
塾生はかなり眠そうです(苦笑)。
新学期ということで、いろいろ学校で気を張っているのでしょう。
「部活の顧問が…」「担任が…」「クラスが…」といろいろな話(不満?)があちらこちらで聞こえます(苦笑)。
うちは「第2の勉強部屋」なので、まあ、気持ちもリラックスしてしまうのかもしれません。
それはそれで、狙い通りではあるのですが、眠気は集中の天敵なので、どうにかしたいものです。

それでも、「結構がんばっているなぁ」と感心する生徒もいます。
まだまだ「気持ち」という面では課題はありますが、「勉強に取り組む」という行動ができているのはOKでしょう。
気持ちもここからです。

明日も教室で待っています。


今日は体験に来てくれた新中1の生徒の保護者の方から入塾申し込みをいただきました。
以下、各学年の空き状況です。

【定員のため空き待ち】
新中学3年生
新高校3年生

【定員まで数名】
新高校2年生(あと3名)

【定員まで余裕あり】
新中学1年生
新中学2年生
新高校1年生
小学生各学年

体験授業をご希望の方はご連絡いただければと思います。