fc2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
札幌ALT問題。
2016年05月18日 (水) | 編集 |
昨日と今日の北海道新聞の1面を飾った「札幌ALT問題」。
なんでも、確保されていたはずのALTが一斉に20名辞退し、5月に派遣予定だった人員の確保が出来ず、派遣中止になったとのこと。

もちろん、派遣予定だった業者にも問題があるのだけれど、旭川や帯広が直接契約なのに対し、札幌は1年ごとの業者との契約。
函館も業者との契約だが5年契約とのこと。

これを見て、「ALTって派遣社員なのね」と思いました。
1年ごとに各業者が入札をするわけです。
ということは、去年A社が、今年はB社が落札、ということになった場合、A社と契約していたALTは新たな職を探さねばならないということ。
これじゃ「1年限りの派遣社員」です。
応募するほうだって、長期雇用が見込めないわけですから、気乗りしません。
1年後には「無職」の可能性があるわけですから。

私は、札幌市が直接、各ALTと契約を結ぶべきだと思います。
大都市では業者仲介が多いとの新聞記事でしたが、業者仲介ではどんな人物が応募しているのかを見定めることが出来ないのでは、と思うからです。
生徒の話を聞いても、「去年の人は気さくで良かったけど、今年の人は全然愛想がない」などの声も聞かれます。
札幌市の教育基本方針は「世界に羽ばたく札幌人を育てる」。
ならば、その入口となる「国際語である英語に触れる初めての機会」であるALTこそ魅力ある人材を「市が責任を持って」各学校に派遣すべきなんじゃないかなぁと思うのです。
「この人なら、やってくれる」という人を。

また、これだけ北海道新聞に書かれているのに、生徒も「今年ALT来ないんだって」と学校で言われたと言っているのに、札幌市の公式HPには何の記載もないのは「なぜ?」という感じです。
せめて、ALTを派遣できなくなったことは載せるべきだと思います。


私は中学時代のALT(当時はAETと言っていた)のことは好きじゃなかったですが(苦笑)、初めて外国人と話したことに、すごくビックリしたのを覚えています。
私にとっては「世界への入り口」にはなりませんでしたが、すべての子どもがそういうわけではないと思います。
ALTとの対話で英語に興味を持つ子もいるかもしれません。
1日も早く、熱意あるALTが各学校に、うちの長男の小学校にも、派遣されることを望みます。



あと3分の2年。
2016年05月17日 (火) | 編集 |
教室でセンター試験&公立高校入試のカウントダウンを始めました。

センター試験までは明日で「あと241日」。
つまり、今日で1年の3分の1が過ぎ去ったのです。
「あと3分の2年」でセンター当日。
こう考えると、残りの期間がとても短いように感じます。

今年の高3世代は、中3の受験時からこの教室で指導してきたメンバーが多いので、すごく期待と不安が入り交じっています。
去年の中3世代(現高1)が「この教室で3年間指導してきた生徒は高校受験で通用するのか」という問いに対し、「大丈夫!」という解答を導いてくれました。
今度は「この教室で3年間勉強してきた高校生は大学受験に通用するのか」という問いかけに対する答えが出ます。
あと「3分の2年」。
理系の生徒が多く、私自身、力不足な面もありますが、なんとか全員合格させたい。
昨年以上の大学受験成績を残したい。

今日も部活が終わってから来てくれた高校生が3名。
みんな、本当によくがんばっています。
絶対に「好結果」を出させてあげたい。
私も気力と体力が続く限りがんばります。

明日も14時開校です。
教室で待っています。
一緒に全力でがんばろう!

数検は断念…。
2016年05月15日 (日) | 編集 |
数学検定は今日まで申し込みを待ちましたが、結局2名しか集まらなかったので、今回は実施を見送ります。
次は漢検、数検とも8月後半を予定しています。
小・中学生は道コン明け、高校生も定期テストまである程度期間があるので、次回はぜひチャレンジしてみましょう!

今日は飛び入り参加はなかったものの、8名全員が出席してくれました。
部活でヘロヘロになりながらも来てくれた生徒も2人いて、感心しました。
いつもより集中力に欠けるときもありましたが、これは仕方ありません。
「疲れている中でも踏ん張る」ことで集中は磨かれます。
今日の経験もきっと力になります。

いつも以上に集中できていた生徒もいました。
日頃は部活の練習であまり来られないのですが、こういうときでも集中して勉強している姿を見るとちょっと安心します。

出席してくれたみんな、お疲れ様でした。
今日は来てくれてありがとう。

明日以降も全力でがんばっていきましょう!


明日はテスト1ヵ月前自習室開放。
2016年05月14日 (土) | 編集 |
明日はテスト1ヵ月前自習室開放を行います。
時間は13:10~19:00で途中で帰宅しても構いません。
eトレも使えるようにしておくので、どんどん問題を解いてレベルアップしてください。

出席予定の8人のみなさんは、万が一欠席の時は連絡をくださいね。
飛び入りで参加したい人は教室まで連絡を。

今日は1人しかいない時間が2時間もあり、ちょっと寂しかったです。
特に今日は高校生の出席者が2名…。
みんな、部活で忙しいのでしょうか。
来週はまた元気に来てほしいです。
テストまで1ヵ月を切りましたからね。
1日1日を大事にしていきましょう。

小学生も今日は1人しか来ず…。
いつもの元気な姿を来週また見せてくださいね。

では、また来週もがんばりましょう!
修学旅行と宿泊学習もあるので、計画的に勉強を。
明日来る人はまた明日教室で待っています!
一緒にレベルアップしていきましょう!

数検申し込みは明日まで。
2016年05月13日 (金) | 編集 |
当教室の数学検定の申し込みは明日までです。
希望者は今のところ2名…。
みなさん、受けてください!

6月18日(土)は各中学・高校ともテストが終わり気の抜ける時期です。
ここで検定合格目指して、気合いを入れ直しましょう!

明日いっぱい申し込みを受け付けます。
検定もがんばりましょう!


話は変わって、今日は久しぶりに来た生徒が多数。
先週の金曜日に間違えて来て以来欠席だった高1女子や、最近部活が忙しく来れなかった高3男子も来てくれました。
「どうしてるかな」と心配していたので来てくれてよかったです。

高体連や高文連が近いので、高校の各部活も忙しそうです。
それでも来て、勉強している姿を見ると、「こっちも負けてられないなぁ」という気になります。
宿泊研修から戻ってきた高1女子は「夕張からタクシーで(教室に)来ようかと思いましたよ」と。
ど根性です(笑)。

中1女子でもがんばっている生徒がいますが、テキストの使い方がまだまだです。
間違えた問題にチェックを付けていないのですね。
今日はそれについて話をしました。
eトレだと不合格ならやり直しがありますが、テキストでは自分でチェックしなければ、どこを間違えたかわからないんですね。
そうすると、見直したときにやる気になれません。
チェックが付いていれば、「これをやらなくちゃ」という気持ちになりやすいのです。
来週の中1の授業でみんながチェックを付けているかどうかを見るのが楽しみです。

明日は13:40授業スタートです。
テキストもeトレもフル活用して、どんどんレベルアップしていきましょう。
明日も教室で待っています!


違和感。
2016年05月11日 (水) | 編集 |
今日は雨にもかかわらず、「学校が早く終わったから」と多数の中学生が出席。
ありがたいです。
テストまであと一ヶ月ですからね。
こちらも気合いが入ります。

そんな中、今日は連続出席記録更新中の高1の女子生徒が教室にいませんでした。
とはいえ、高校の宿泊研修なので、これは欠席とはカウントしません。
さすがに「夕張から来なさい」と言うのは厳しいですからね(笑)。
しかし、やっぱり毎日のように顔を合わせていたので、ちょっと教室の雰囲気も違ったように感じました。
まあ、私だけかもしれませんが(苦笑)。

今年の高1生の高校受験が終わり、毎日のように来ていた生徒が来なくなったときも同様の違和感を感じました。
いなくなると、「ああ、もっとやれることはあったかなぁ…」と考えるんですね。
その瞬間はベストを尽くしているはずなんですが。

今年の中3生は高1生の影響を受けてか、出席率が高いのです。
まだ「火が付いてない」という感じの生徒もいますが、それでも、来てくれるのは嬉しい。
今年の中3生を送り出すときも「違和感」を感じるのかなぁ…。
でも、「違和感を感じる」ということは「それだけ、この教室での存在感がある」ということであり「この教室を活用している」ということでもあるので、「良い違和感」とも言えるのかもしれません。
私の寂しさはありますが(笑)。

中3男子も少しずつ「火が付いて」きました。
中3男子全体にこの「火」を広げていきたいと思います。
中体連や修学旅行前で大変な時期ですが、みんな、がんばろう!

明日も14時開校です。
私も絶賛勉強中。
今日も家でみんなと同じように問題集に取り組もうと思います。
まだまだ私も成長します。
みんなもどんどん成長しましょう。

明日も教室で待っています。

「定常」という考え方。
2016年05月09日 (月) | 編集 |
帰省したときに「定常経済」という経済学の分野があることを知りました。
何でも、古典派経済学にはもともとこういう考えがあったそうなんですね。
J.S.ミルなどもその立場だったそうです。

大学の時に知っていれば、これを勉強してみたかったなぁ…。

と、経済の話はちょっと置いておいて、
大事なのは「定常」という考え方だと思うんです。

「定常」とは「一定していて変わらないこと」(by広辞苑)。
つまり「不変」ということです。
「定常経済」とはざっくり言うと「有限な資源を再生可能なスピードと合わせ使用する、汚染物質は環境が分解可能なスピードで排出する経済」のことです。
これを日々の勉強に置き換えてみると、
有限な資源とは「時間」と「それぞれのやる気」あるいは「体力」。
再生可能とは「休息による回復」。
汚染物質とは「疲労やそれに伴う気力の低下」と考えることが出来ます。

1日は24時間。
私も問題集などを解いていると「もっと時間があればいいのに」と思うこともありますが、時間は有限。
これを増やすことは出来ません。
できることは「自分のやる気と体力に合わせて有効に時間を活用し、勉強すること」。
そして「疲労したら回復する時間を取ること」。
もう1つ大事なことは「毎日これを続けていくこと」。
「毎日、自分の気力・体力に合わせて一定の勉強時間を取ること」が大事なのです。
「定常学習」とでも言えるのでしょうか。

今日は久しぶりに出席した生徒がいて、とても嬉しくなりました。
もちろん、毎日のように来てくれる生徒もいます。
久しぶりに来た生徒も、教室でも家でもいいので、「毎日一定の勉強時間」をとり「その時間をいかに集中し、効率よくしていくか」を考えていってほしいなぁと思います。

明日も14時開校です。
テストまであと1ヵ月。
全力でレベルアップして、好成績を取りましょう!
明日も教室で待っています。

日々勉強。
2016年05月07日 (土) | 編集 |
GWも明け、授業も再開。
今日は小学生から高校生まで結構出席してくれたので良かったです。

ちょっと中3男子の出席率が低いのが気になります。
ぜひとも教室を活用してくださいね。

今日は高3男子の数学の質問に答えられず、なかなか悔しい思いをしました。
まだまだ勉強不足だなぁと痛感します。
今日、解けなかった問題を次につなげるように、明日は解けるようにしなければと、私も思います。

というわけで、今日も勉強、明日も勉強です。

高校生は一番早いところで6月1日から、中学生も一番早いところで6月10日から定期試験。
あと一ヶ月を切りました。
どんどん勉強していきましょう。
私も負けじとがんばります。

来週月曜日も14時開校です。
教室で待っています。
満点取りましょう。


日本。
2016年05月05日 (木) | 編集 |
群馬への帰省から札幌に戻ってきました。

その道中でいろいろなものを見て、いろいろなことを感じました。

まず、初日。
北海道新幹線に乗りました。
しかし、問題はその前、札幌から新函館北斗までの道程が大変。
特急スーパー北斗に4時間揺られて新函館北斗へ。
しかも揺れる揺れる…。
この函館までの道程をなんとかしたら、もっと快適になるのに…、という感じでした。

北海道新幹線の乗り心地は快適。
全席指定ということもありますが、ゆったりとした座席で、毎年乗っている新幹線よりも気持ちよかったです。
修学旅行で乗るみなさんは楽しみにしていてください。

北海道新幹線で帰省するということでやっておきたかったことが、東日本大震災の復興がどうなっているのかも自分の目で確認するということ。
新幹線の窓から見る限りでは、街並みはいたって「普通」に見えました。
しかし、仙台を出てすぐに「仮設住宅」がたくさん並んでいるところがまだありました。
「まだまだ『元通り』には程遠いんだなぁ」という印象を受けました。
実際に研修で被災地に行ってきたという弟の話を聞くと、「全然復興は進んでないよ」という話でした。
震災から5年。
5年経っても、「まだ」なんですね。
東北も熊本も1日も早くもとの生活ができるように、私もできることはやらねば、という気持ちになりました。
修学旅行で東北に行くみなさん。
自分の目で見て、耳で聴いて、肌て感じて、「被災地の今」を知ってきてください。
百聞は一見に如かず。

帰省すると孫の到着を心待ちにしていた私の両親がいました。
1年に1度しか連れていけないのですが、まあ、濃密な3日間でした。
この年になって感じるのは両親の偉大さ。
息子2人を育てるのにもヒーヒー言っている今の私ですが、よく男兄弟3人も育ててくれたなぁと(苦笑)。
感謝、感謝です。
また、30代という年齢のせいかもしれませんが、両親の話が「面白い」のです。
とても「興味深い」。
10代のころは反発し、20代のことは自分のことで手一杯だったのでまともに話も聞けなかったのかなぁと思います。
まだまだ両親からも学ばせてもらおうかと(笑)。
塾生のみんなも、そういう心境になれる日がいつか来ます。
今は、当時の私同様に、反発したい気持ちの方が強いでしょうが…(苦笑)。
ぜひ、そのときにまた学んでください。

列車好きの息子らの要望で、埼玉県の秩父鉄道のSLパレオエクスプレスにも乗りました。
都心から最も近いSL。
音がすごい!
出発の時の汽笛で、駅のホームが揺れるのです!
4歳の次男は音の大きさに耳をずっとふさいでいました。
そのくらいすごかった。
これも百聞は一見に如かず。
実体験は「濃かった」です。
また、東京メトロ(地下鉄)完全制覇という計画も立てていたのですが、帰りの飛行機の出発時刻のこともあり、9路線中7路線乗車で挫折…(^_^;)。
副都心線と有楽町線は乗れませんでした。
よく教室内でも「南北線と東豊線のホームが遠い」なんて話が出ますが、東京メトロはそれ以上でした(;´Д`)。
路線同士のホームが遠いところで200mくらい。
しかも上って下りてまた上って…。
次男が「疲れた」というのでおぶって階段、おぶって乗車はくたびれました。

その乗車中(たしか日比谷線だったかなぁ)に、正面に座っていたキャップにピアス、ジーンズは穴だらけという2人の若い「兄ちゃん」がいました。
そしたら、その2人の「兄ちゃん」が、次の駅で乗車してきた「おばあちゃん」に席を譲ろうとしたんですね。
おばあちゃんが「次の駅で降りるのでいいですよ」と断ったのですが、ちょっと嬉しくなりました。
さらに、その次の駅で、今度は外国人の家族が乗ってきました。
彼らはその外国人の家族にも席を譲ったんですね。
すごく嬉しくなりました。
「日本もまだまだ捨てたもんじゃないなぁ」と。

あと1日でGWも終わり。
学校も始まります。
あ、教室は7日(土)からです。
今日は「こどもの日」。
2人の息子が健康に生きていることに感謝しつつ、いろんなことを見て、聞いて、肌で感じて、学んでいってほしいなぁと思います。
もちろん、塾生のみんなにも。
健康であることと、いろんなことを謙虚に学ぶこと、そしてそこからさらに「人生を楽しむ」こと。
休日に「学べる」こともたくさんありますよ。
家族との時間、友達との時間、仲間との時間。
いろいろ学んで、いろいろ楽しんでください。
もちろん、教室での時間でもたくさん学んで、たくさん楽しんでください。

そういえば、8日(日)は「母の日」ですね。
塾生のみんなには宿題を出しますよ(笑)。

では、また教室で待っています。