fc2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
日本。
2016年05月05日 (木) | 編集 |
群馬への帰省から札幌に戻ってきました。

その道中でいろいろなものを見て、いろいろなことを感じました。

まず、初日。
北海道新幹線に乗りました。
しかし、問題はその前、札幌から新函館北斗までの道程が大変。
特急スーパー北斗に4時間揺られて新函館北斗へ。
しかも揺れる揺れる…。
この函館までの道程をなんとかしたら、もっと快適になるのに…、という感じでした。

北海道新幹線の乗り心地は快適。
全席指定ということもありますが、ゆったりとした座席で、毎年乗っている新幹線よりも気持ちよかったです。
修学旅行で乗るみなさんは楽しみにしていてください。

北海道新幹線で帰省するということでやっておきたかったことが、東日本大震災の復興がどうなっているのかも自分の目で確認するということ。
新幹線の窓から見る限りでは、街並みはいたって「普通」に見えました。
しかし、仙台を出てすぐに「仮設住宅」がたくさん並んでいるところがまだありました。
「まだまだ『元通り』には程遠いんだなぁ」という印象を受けました。
実際に研修で被災地に行ってきたという弟の話を聞くと、「全然復興は進んでないよ」という話でした。
震災から5年。
5年経っても、「まだ」なんですね。
東北も熊本も1日も早くもとの生活ができるように、私もできることはやらねば、という気持ちになりました。
修学旅行で東北に行くみなさん。
自分の目で見て、耳で聴いて、肌て感じて、「被災地の今」を知ってきてください。
百聞は一見に如かず。

帰省すると孫の到着を心待ちにしていた私の両親がいました。
1年に1度しか連れていけないのですが、まあ、濃密な3日間でした。
この年になって感じるのは両親の偉大さ。
息子2人を育てるのにもヒーヒー言っている今の私ですが、よく男兄弟3人も育ててくれたなぁと(苦笑)。
感謝、感謝です。
また、30代という年齢のせいかもしれませんが、両親の話が「面白い」のです。
とても「興味深い」。
10代のころは反発し、20代のことは自分のことで手一杯だったのでまともに話も聞けなかったのかなぁと思います。
まだまだ両親からも学ばせてもらおうかと(笑)。
塾生のみんなも、そういう心境になれる日がいつか来ます。
今は、当時の私同様に、反発したい気持ちの方が強いでしょうが…(苦笑)。
ぜひ、そのときにまた学んでください。

列車好きの息子らの要望で、埼玉県の秩父鉄道のSLパレオエクスプレスにも乗りました。
都心から最も近いSL。
音がすごい!
出発の時の汽笛で、駅のホームが揺れるのです!
4歳の次男は音の大きさに耳をずっとふさいでいました。
そのくらいすごかった。
これも百聞は一見に如かず。
実体験は「濃かった」です。
また、東京メトロ(地下鉄)完全制覇という計画も立てていたのですが、帰りの飛行機の出発時刻のこともあり、9路線中7路線乗車で挫折…(^_^;)。
副都心線と有楽町線は乗れませんでした。
よく教室内でも「南北線と東豊線のホームが遠い」なんて話が出ますが、東京メトロはそれ以上でした(;´Д`)。
路線同士のホームが遠いところで200mくらい。
しかも上って下りてまた上って…。
次男が「疲れた」というのでおぶって階段、おぶって乗車はくたびれました。

その乗車中(たしか日比谷線だったかなぁ)に、正面に座っていたキャップにピアス、ジーンズは穴だらけという2人の若い「兄ちゃん」がいました。
そしたら、その2人の「兄ちゃん」が、次の駅で乗車してきた「おばあちゃん」に席を譲ろうとしたんですね。
おばあちゃんが「次の駅で降りるのでいいですよ」と断ったのですが、ちょっと嬉しくなりました。
さらに、その次の駅で、今度は外国人の家族が乗ってきました。
彼らはその外国人の家族にも席を譲ったんですね。
すごく嬉しくなりました。
「日本もまだまだ捨てたもんじゃないなぁ」と。

あと1日でGWも終わり。
学校も始まります。
あ、教室は7日(土)からです。
今日は「こどもの日」。
2人の息子が健康に生きていることに感謝しつつ、いろんなことを見て、聞いて、肌で感じて、学んでいってほしいなぁと思います。
もちろん、塾生のみんなにも。
健康であることと、いろんなことを謙虚に学ぶこと、そしてそこからさらに「人生を楽しむ」こと。
休日に「学べる」こともたくさんありますよ。
家族との時間、友達との時間、仲間との時間。
いろいろ学んで、いろいろ楽しんでください。
もちろん、教室での時間でもたくさん学んで、たくさん楽しんでください。

そういえば、8日(日)は「母の日」ですね。
塾生のみんなには宿題を出しますよ(笑)。

では、また教室で待っています。

スポンサーサイト