FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
裁量問題廃止。
2019年06月23日 (日) | 編集 |
道教委は2022年度公立高入試(現中1~)で裁量問題を廃止し、全校が同じ問題を解くことを発表しました。
また、1教科100点満点、試験時間50分とすることも決定しました。

「やめんのかよ!」
というのが、率直な感想です。
何のために導入し、何のための裁量問題だったのか、結局、導入しなくてもよかったんじゃないか、というのが私の印象。

初年度から超難しい問題を出し、裁量問題外の得点で合否が決まるというお粗末な結果だったし…。

1教科100点、試験時間50分は大賛成です。
わかりやすい。
だったら、入試制度もわかりやすくしてほしいですね。

「ランク制度を廃止しましょう!」

以前、道教委のインターネット教育モニターをしていたときにも道教委に提言しましたが、相手にされず。
今こそ、廃止してほしいですね。
ぜひぜひ。

合わせて、各高校で推薦入試を必ず行えばよいと思います。
東大でも導入するのですから、その流れに乗りましょう。
内申点は必要な学生だけ使えばよいのです。

他の都府県を見ても、異質と言える「ランク制度」。
「入試問題だけ」という部分的な改革ではなく、「入試制度そのもの」をしっかり改革してほしいと、道教委には切に望みます。


スポンサーサイト