FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
考え方を変えるとき。
2019年08月07日 (水) | 編集 |
今日の講習の休み時間に高1の生徒と中3の生徒が、「高校入試当日のこと」や「入試問題」について話をしていました。

現高1世代はぶっちゃけ道コンの合格可能性でもギリギリの生徒が多く、客観的に見れば志望校変更を薦めた方がよい生徒ばかりでした。
でも、すごくすごく力強かったのは「自分に力が足りないなら、伸ばしてやる」という気持ちに溢れていた世代だったこと。
テストや道コンで得点が低かったときも「自分に力が足りない」と考える生徒が多く、「問題が難しかったから」「周りのみんなも解けていないから」と逃げる生徒はいませんでした。
もちろん、自分に力が足りないと考えて凹む生徒もいました。
そこは私もいろいろと話をし、「実力を伸ばすための努力の仕方」などをアドバイスしてきました。
彼らの「足りなければ伸ばしてやる」という気持ちが、全員合格達成という快挙になったのだと思います。

現中3世代もこういう姿勢が少しでも伝わればなぁと思います。
現高1世代が上記のように考えるようになったのは夏期講習あたりから。
まさに昨年のこの時期からなのです。

「足りなければ伸ばせばいい」。
私も「自分の実力を伸ばそう」と思います。
今年も必ず全員合格させるために。

そのためには、中3生、高3生のみんなそれぞれの考え方が大事です。
自分の志望校を絶対に譲らない気持ち。
実力を伸ばすために何をするか。
すぐに結果が出なくても絶対に諦めない気持ち。
みんなそれぞれにもってほしいことです。

そういう気持ちがあれば、考え方だけでなく行動も変わります。
それは過去の先輩たちが証明済み。
だから、自分の力を最大限に伸ばすように、まずは考え方から変えていってほしいと思います。

夏期講習もあと3回。
道コンまではあと2回です。
道コンの結果が全てではありませんが、自分の実力を磨く上で、結果にこだわってほしいとも思います。

さあ、夏もあとわずか。
暑さも明日までのようです。
元気出して行きましょう!

明日も教室で待っています。


スポンサーサイト