FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
学力成長期。
2019年09月02日 (月) | 編集 |
勉強を続けていると、「あれ、伸びた」と自分で感じるときがあります。
学力の成長期です。

模試などの得点を点けていると、「おお、伸びている」とよくわかります。

一昨日のA対策模試でも「おお、伸びている」という中3生が2名いました。
1人は前日の国語の授業の後に「先生、28日の学力テストでも国語は高得点でした」と報告してくれた生徒です。
「じゃあ、そのまま練習を続けていくこと。課題は絶対にぜぇ~ったいに忘れないこと」と返したのですが、A対策では国語だけでなく、理科と英語でも上昇を見せてくれました。

もう1人は「すごく真面目そうに見えて、がんばっているんだけど、なかなか得点が伸びなかった」生徒。
前回の道コンから、「何となく上向いてきたかな」と感じていたのですが、A対策でも数学と英語でしっかりと得点でき、実力アップを感じました。

2人とも夏期講習や普段のeトレの出席回数は多くないのですが、「毎日やるようになった」ことが大きいのだと思います。

学力の成長期はいつ訪れるかわかりません。
それぞれの生徒によってバラバラです。
小学生でグンと伸びる子もいれば、中学生でも伸びず、高校になってから開花する生徒もいます。
こちらとしては何とか高校受験前までに花開いてほしいなぁと思うのですが、こちらの思い通りには行きません。

でも、伸びる時期というのは、「自分の気持ちが入っている時期」「勉強に対して積極的に挑戦している時期」でもあります。
つまり「気持ちが入っていれば伸びる可能性は大いにある」ということです。

今日は久しぶりにある中2の生徒がeトレに来ました。
「おお、来たー!」と思わず叫んでしまいました(笑)。
「でも、来てくれたことは本当に嬉しいんだよ」と伝えるとニヤニヤしていましたが、本心です。
やっぱり「来てほしいなぁ」とみんなに対して思っているのですが、来てくれる生徒、来て集中してがんばってくれる生徒を見ていると嬉しくなるのです。
そして、そういうときに伸びていることを見られるとさらに嬉しくなります。
教室をやってきてよかったなぁと感じるときです。

学力の成長期は「集中して前を向いて、できるようになりたいとがんばる」人には必ず訪れます。
多少休んでも構いません。
気持ちを切り替えられたら再出発です。
でも、たった一つ忘れないでほしいのです。
「自分の意思で前に進むこと」
人に言われてやることは、絶対に自分の実力にはなりません。

では、塾生のみなさん。
明日も教室で待っています。
明日から高校は前期期末考査ですね。
教室は午後2時から自習可能です。
天候次第かも知れませんが、積極的に教室を使ってくれると嬉しいです。

明日も教室で待っています。


スポンサーサイト