FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
教え。
2020年02月11日 (火) | 編集 |
このブログの「ぼやき」のモデルとさせていただいた野村克也元監督が亡くなりました。
ご冥福をお祈りいたします。

「ノムさん」の愛称で親しまれた野村監督。
ヤクルトスワローズの黄金時代を築きました。
1990年代、小学生~中学生だった私は、よく祖父と父と野球中継を見ていました。
今でも「アンチ巨人」なのですが、当時、「野村再生工場」と言われ、ベテラン・若手問わず活躍させる「野村ID野球」は見ていて、とても面白く、考えさせられ、わくわくさせられたものでした。

弱小だった阪神、楽天を上位争いできるチームにするための基礎を固めたのも野村監督だったと思います。

この教室を作るときも野村監督の本を読みました。
「指導者とはこうでありたい」と思ったからです。
今でも角川の「野村再生工場」と集英社文庫の「なぜか結果を出す人の理由」は常に持ち歩いています。
隣のお蕎麦屋さんの待ち時間などはだいたいこれらを読んでいます。

「自分も常に成長しなければ」と思うのは、これらの本で学んだことです。
「人間的成長なくして技術的進歩なし」
「野村再生工場」にはこう書かれています。
これは野球に限った話ではなく、人間的な成長がなければどんなことで進歩しないと思います。

今日、問題が解けなかった人。
私も、高3生の模試の問題がまったくわかりませんでした。
ここで「勉強しよう」と思うか、「まあ、こんなのいいか」と思うか。
これも「成長への分岐点」だと思います。
「やらなきゃ!」と思えれば、それが人間的な成長で、進歩につながると思います。
私も勉強します(苦笑)。

直接、野村監督にあったことはないですが、確かに「教え」を受けた、と私は思います。
本は、その人の魂。
そこから伝えられるものは、確かに「教え」なのです。
もちろん、形がなくてもいい。
言われた言葉、示された背中、「伝わった」ものであればすべてが「教え」だと思います。

「絶対に諦めないこと」
「努力はみんなを裏切らない」
私は常々こう話しています。
この言葉が、少しでも、誰か一人でも、塾生の、卒業生の心に残ってくれたらなぁ。
そして、誰かが「そういや、こんなこと、言われたなぁ」とふと思い出してくれたら、これ以上の幸せはないのだと思います。

卒業生が訪問してくれたり、メッセージをくれたりすると「ああ、やっててよかったなぁ」としみじみ思うのです。
塾生、卒業生のみなさんはぜひ上記の「ウスイズム」をさらに伝えていってほしいと思います(笑)。

「絶対に諦めないこと」
「努力はみんなを裏切らない」
さあ、明日も明後日もこれからも一緒にがんばっていきましょう。
また、教室で待っています。


スポンサーサイト