FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
「一流は非難、二流は称賛、三流は無視」
2020年02月17日 (月) | 編集 |
明日は私立校入試A日程。
受験する皆さんはしっかりがんばってきてください。

明日は学年末テスト2日目。
今日は初日のテストを終えた中2、中1のみんなが来てくれて嬉しかったです。
明日もしっかりがんばってきてくださいね。


タイトルの言葉は亡くなった野村克也監督の言葉です。
これは一流かどうかだけでなく、期待度の表れも大きいのだと思います。

例えば、塾生にはそこそこ優しい私も、家では子供たちにかなり怒っています。
「何回注意すればわかるんだ」とか「いつになったら自分でできるのか」とか。
冷静に考えてみると、塾生に対してはこういう風に怒ることはほとんどありません。
「次はできるように」とか「テストまでにはできるようになろう」とか。
この差は何なんだろう、と考えたとき、一つは「こうあってほしい」という期待度があるからなのかなと思います。

塾生でも長く通っている生徒ほど、私に注意されることが多くなります。
長く通っているからこそできるようになってほしい、という気持ちがどうしても強くなってしまうんですね。
何年か前に「先生、○○ちゃんに怒るときだけ、めっちゃ怖い」と言われたことがあります(苦笑)。
その生徒もずっと通ってくれていた生徒(すでに卒業)でしたが、やはり「これくらいできてほしい」という気持ちが強かったのは確かです。
しかもできないとすぐにぶすっとふて腐れてしまうのも手を焼きました。
「長く通っているからこそ、見本であってほしい」という気持ちもあるのですね。

「一流は非難」には「これで終わってほしくない」「まだまだ成長してほしい」ということの裏返しだと思います。
というわけで、塾生の皆さんは私にネチネチ言われても、それをバネにして、1つ1つ努力し、吸収し、できることを増やしていってください(笑)。

明日もがんばりましょう。
また教室で待っています。


スポンサーサイト