fc2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
雪の降る道を歩くと。
2023年02月08日 (水) | 編集 |
今日も自宅から徒歩で教室までやってきました。
ちょっと足が痛いのでゆっくりペースで(;^_^A。
ゆっくり歩くと1時間かかります。
いい運動です。

今日は雪がパラパラと降っていました。
こういう道を歩くと思い出すのは「ふくちゃん」のこと。
大学時代の同期で学部は違えど一緒に大学祭を運営した友人です。
今、なにしてんのかなぁ…。

大学1年の冬、唐突に「美瑛に行こう」と言われ、「あ、うん」くらいの返事でJRで男2人旅。
冬の美瑛ですから一面真っ白の大雪原。
で、なぜか隣の美馬牛駅から美瑛駅まで歩こう、となったんですね。
もう経緯は忘れてしまいましたが(笑)。
大学時代って後から考えると「なんで?」っていう行動をよくしていましたからねぇ…。
で、歩いている途中から雪がパラパラと降ってきたんです。
当時、私は「坊主頭」で、しかも油断していて帽子を忘れ、頭がキンキンに冷やされる状態に。
それを見たふくちゃんは自分のマフラーを貸してくれたんですね。
ターバンのように頭に巻かせてもらい、美瑛駅まで歩きました。
そのときのふくちゃんの優しさが今でも忘れられないのですね。
多分、ふくちゃん自身はそんなに大きなことをしたとは思っていないでしょうけど。

ほんの少しの行為が大きく人を傷つけることもあれば、ほんの少しの行為が大きく人を温めることもあります。
ふくちゃんの優しさは私にとっては大きな温かさだった。
そんな友人がいてよかったと思います。

余談ではありますが、帰りに岩見沢駅を通過し、札幌駅に戻りました。
その翌日、岩見沢駅は漏電のため、駅舎が全焼…。
ニュースを見てびっくり仰天したこともよく覚えています。


今日、「7年間お世話になりました」とまた高3生が1人巣立っていきました。
この生徒もいろいろありました…(;^ω^)。
そして、別の高3生がその生徒に話しかけていたんですね。
これを見て「ああ、中学も高校も、受ける大学も違うのに、こうやって話ができるっていいなぁ」と思ったのです。
こういう「友人」がここにいたということが、現高3世代の財産になってくれたら、うれしいなぁ。

今はコロナの影響が大きく、塾内で生徒同士が話をすることも減りました。
早くこの状態が終わって、また教室内で生徒同士が気兼ねなく話ができる日が来てほしいなぁ。



スポンサーサイト