fc2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
GW休校。
2023年04月28日 (金) | 編集 |
明日4月29日(土・祝)から5月7日(日)はGW休校です。
明日もお休みですので、塾生のみなさんは注意してください。

今週出席しなかった人には5月の時間割を渡せていません。
4月のウスイ通信には「4月29日からGW休校」と書いておきましたが、多分、みんな見ていないと思うので…(;^_^A。
大丈夫かなぁ…。

みなさんはGwをどのように過ごすのでしょうか。
旅行に行く人、帰省する人、ずっと部活という人、それぞれいましたが、思い思いにGWを楽しんでほしいと思います。
中3生もこの期間くらいしか休める時期はないですからね。
5月2週目からは修学旅行準備で、それが終わればテスト対策。
テストが終われば、もう入試対策のスタートですからね。
ぜひこの期間を有意義に使ってください。

私も群馬に帰省してきます。
向こうはだいぶ暑そうだなぁ(;^ω^)。
熱中症にならないように気を付けます。

では、また。
GW明けに会いましょう。


スポンサーサイト



エネルギーはドイツ語。
2023年04月27日 (木) | 編集 |
なんか、一度この記事を書いたような…(;^_^A。
でも、まあ、今日の授業で「エネルギーは何語?」という話をしました。
「英語ではない」というヒントを出したのですが、すぐさま「ドイツ語」と答えた生徒が。
「勘!」とのことでしたが、正解。
良い勘しています。

英語の文章を読んでいると、わからない単語に出会うことはしばしばあります。
日常の勉強中ならともかく、テスト中にはその意味を調べることはできません。
となると、前後のつながりや、その近くにある意味が分かる単語から「意味を類推する」ことが必要になります。
それでも、わからないときは「勘」です。
塾講師としてこういうことを言うのは不適切なのかもしれませんが、実際、「勘」や「直感」で読み解ける場合もあるのです。

でも、何もないところから「勘」は出てきません。
それまでの学習の内容からでなければ、出てきません。
だから、勉強する意味があり、知識を蓄えていく意味がある。
最後の最後に「勘」を発揮するためにも、日ごろの勉強は大事なことだと思います。

そして、それが「正解」かどうかを確かめることも大事。
中1生は課題の〇付けを忘れることが多いです。
「〇をつける」ことが習慣づいていないのだと思いますが、これはもったいない。
「正解かどうかを確かめること」は「自分の実力を知ること」でもあるんですね。
だから、毎週「課題は〇付けまでしっかりやってくること」と徹底しているのです。

さて、明日はGW前最後の中3の授業です。
みんな課題の〇付けまで終わっているでしょうか。
明日のチェックが楽しみです。

では。

漢検、まだまだ募集中!
2023年04月25日 (火) | 編集 |
漢検の申し込みは現時点で8名。
あと2名で実施可能!
塾生のみなさん、ぜひ漢検に挑戦を!

今回の漢検は理系の高校生も今回挑戦してくれます。
「大学入試で優遇しているよ!」と話したときに、
「やるしかないですね」と答えてくれた生徒です。
実力アップにも、今の実力を測るのにも、そして、受験にも役に立ちます。
「やるしかない!」と挑戦してほしいなぁ。

まあ、「失敗するかもしれない」と思ってしまうのも無理はないかもしれませんねぇ。
正直、「失敗したらどうしよう」と考える生徒が増えたように思います。
eトレもリトライを嫌がる。
まあ、面倒臭さもあるのですが、勉強や実力アップには面倒臭さは必ず付いてくるもので、面倒だなと思いつつもそこに取り組んだ人が実力を伸ばすのだと私は思います。
失敗を恐れないでほしい。
リトライを恐れないでほしいのです。
それでは、みなさんの実力が伸びなくなってしまう。
「やれることを増やす」
これが成長なのですから。
「挑戦なくして、成長なし」
なのです。


ぼやき。
正直ね、もっと教室を活用してほしいなぁと思うのです。
今月の「ウスイ通信」に現高1生が進学祝賀会で書いてくれたメッセージを掲載していますが、まあ、熱いメッセージですよ。
「面倒くさいと思っても週4、5では絶対行った方がいいし、できるなら日曜以外毎日行った方がいいです」
(原文まま)
この生徒、遠方から通ってきてくれた生徒で、中2の夏から来ていたんですね。
集団3科とeトレで。
バスで来るときと、送迎してもらうときとがありましたが、本当によく来てくれたのです。
かつ、中3の夏までテニス部だったので、練習が終わってから来ていたんですね。
本当によくがんばってました。
だからこそ、この言葉に私は「重み」を感じるんですね。

先日、中3の生徒2人と話をしていたとき、「この人、ずっと出席していましたよね」と話題に上がりました。
まったく違う学校の生徒ですが、「あ、また、いる」と感じていたのでしょう。
そういう姿を見ていれば、この言葉の重みも伝わるのかなぁと思います。
まあ、出席が少なければ、その姿も見ていないのですが…。
それはそれで、残念。

ただ、今週、よく来る中3生がいます。
これまではあまりeトレの出席がなかったのに。
今週は月曜も火曜もeトレと英検の勉強をしに来ました。
この生徒は前述の話をしていた生徒の1人。
現高1の生徒の姿は見ていなくても、その姿勢が伝わってくれたら、この教室にも意味があるのかなと思います。

では、また。
授業後からやたらと風が強くなりました。
明日は雨の予報も出ています。
教室に来る際は注意して来てくださいね。



早めの5月病?
2023年04月22日 (土) | 編集 |
最近、ちょっと疲れがたまりやすくなった気がします。
40過ぎたら代謝が悪くなるという話を聞きましたが、そのせいでしょうか。
体重も…(-_-;)。

疲れが抜けないと、気持ちもちょっと下がります。
栄養ドリンクやコーラ、コーヒーで気合を入れてつつ授業していますが、早めの5月病なのかなぁ。
今年は桜の開花も最速らしいので。
でも、朝晩寒い気がします。
こういう寒暖の差が激しいのも影響しているのかもしれません。

明日はゆっくり休もうと思います。
塾生のみなさんも、少し疲れが見えている人もいるので、ゆっくり休んでください。
黄砂が舞っているので屋外で運動する人は運動後、よくうがいしておきましょう。
また、「コロナにかかった」という連絡も受けています。
5月からコロナの扱いが変わりますが、ウイルスがなくなるわけではないので、継続して気を付けていきましょう。


実は今週水曜・木曜・土曜の3日、最後の1時間の出席者がゼロでした(;^_^A。
みんな、疲れてるよね。
明日はゆっくりしてください。
で、来週またがんばりましょう。

来週は金曜まで通常授業で、土曜からはGW休校です。
私はGW中、年に一度の帰省のため、北海道にいません。
GW休校中の連絡はメールでお願いします。

では、また。


高3生、定員になりました。
2023年04月20日 (木) | 編集 |
昨日、高3生に1名入塾があり、今年度の高3生は定員になりました。
中3生同様、「空き待ち」となります。
ご了承ください。

今回入塾となった高3生は中1春~高1秋まで在籍していた生徒で、「大学入試に向けて、勉強する空間が欲しい」というので、戻ってきました。
「勉強する空間」と捉えてくれているのは、とても嬉しいことです。
過去の高3生でも、「ここに来ると、自分より年下の生徒が真剣に勉強しているから刺激になる。自分もやらなきゃという気持ちになれる」と話していました。
私は「低学年の子たちに、先輩たちの姿を見てほしい」と思って無学年生を採用しましたが、こういった相乗効果もあるのですね。

それも、塾生のみんなが教室を利用してくれるから、「ここに来たら…」となるのです。
誰もいなければ、刺激もありませんからね。
今日は中2生が全員出席。
中3生でもあまり出席回数の多くなかった生徒が何名か来てくれました。
高1、高2の生徒も1名ずつ出席。
高校生にはもう少し来てほしいかなぁ。
みんなで、教室で勉強しましょう。

では、また。
明日も教室で待っています。


理科と社会のテキスト。
2023年04月19日 (水) | 編集 |
中学生には理科と社会のテキストを配布中です。
教室に来られない日や教室が休みの日(GWや祝日など)に解いてほしいテキストです。
もちろん、テスト対策にも使えます。
カラーページでの要点まとめ、図や地図・年表に書き込んでの要点整理もできます。
テキスト全体に目を通してみて、使えそうなページはどんどん解いてみてください。
高校入試まで使えるテキストです。
大事に使ってくれると嬉しいです。

これは、毎年4月在籍または4月末までに入塾が確定した塾生のみの特典です。
まあ、ぶっちゃけ、かかるものがかかるので…(;^_^A。
5月以降の入塾生には配布していないので、昨年夏に入塾したみなさんの中には「あれ、昨年はもらってないのに」という人もいるかもしれませんが、ごめんなさい。
一応、購入することもできます。
もし、前学年のテキストが欲しい場合は教室まで連絡をください。
(この場合は教材費がかかります。ご了承ください)

「重い」
「うわー…」
「ありがとうございます」
とまあ、いろいろな反応がありましたが、先輩たちの中にも、これを活用して合格を勝ち取った人やテストの点数を上げた人もいます。
多分、使わなかった人もいるんだろうなぁ、とも思いますが…。
いろいろ吟味して選んだテキストなので、使ってみてください。

あ、これを取り組むからと言って、eトレの出席回数を減らすのは「なし」ですよ。
eトレも理社テキストもバランスよく取り組んでください。
何事もバランスが大事です。

では、また。


一つ、苦言を。
授業後、玄関前で大きな声を出していた塾生がいましたが、近隣のみなさんへの迷惑です。
今日は口頭で注意しましたが、絶対にやめましょう。

「集中力を上げるにはどうしたらいいんですか」
2023年04月15日 (土) | 編集 |
今日のeトレのとき、ある中3生から、
「集中力を上げるにはどうしたらいいんですか。私は2時間くらいしかもたないから、土曜日のeトレは2時間くらいしか集中できなくて…」
と、相談を受けました。

これはなかなか難しい問題なんですね。
というのは、私は「集中力」の源は「モチベーション」だと考えているからです。
「モチベーション」というのは人によって異なるもの。
だから、集中力の上げ方も人によって異なると思うんです。

とはいえ、集中して取り組むことが、実力アップには必須。
そこで、2つアドバイスをしました。
1,「この問題をどのくらいの時間で終わらせるかの時間設定をして取り組む」
2,「この時間内にどのくらいの問題を解くか、問題数の設定をして取り組む」


1つ目は、学校の課題などに取り組むときに意識してほしいことです。
「何分で終わらせる」という気持ちをもって取り組むことが習慣化されると、自然と問題を解くスピードも上がってくるのです。
これが疎かになると、「ダラ勉」になり、「勉強時間は十分なはずなのに、全然実力が伸びない」となります。

「自分は3時間勉強した。あの子は1時間しか勉強していない。なのになんでテストでは負けるんだ」
こういう状況になったとき、その「解いた分量」を比較してほしいのです。
実は、解いた問題は同じ量なのかもしれません。
そして、1時間で解き切るにはそれに見合う集中力、早く終わらせるために頭をフル回転させることが必要で、フル回転させた頭ほど吸収力が高いと私は考えています。
だから、個人懇談でも話していますが、
「勉強は取り組んだ時間ではなく、取り組んだ量で測ることが大事」
なんですね。

2つめは、eトレなどに取り組むときに意識してほしいことです。
「1コマで100問解こう!」といつも話していますが、それくらい解くのにも、かなりの集中力は必要です。

実は、この目標は結構大変で、eトレのプリント6~8枚くらい解かないと達成されません。
eトレの想定は「1枚10分で解く」。
eトレ1コマは50分なので、普通のスピードで解いていると5枚が限界になります。
これを超えるのは容易ではない。
でも、超えている生徒もいる。

ここからが、ポイント。
超えている生徒は、「よそ見しない」「ひたすら鉛筆を動かしている」「得点入力を急ぐ」という特徴が見られます。
「我先に!」という感じで、得点入力をしようとするんですね。
こういう姿勢はあるのとないのとでは、時間に対する意識が大きく異なります。
「うーん、やっているはずなのに何となく成績が上がらないなぁ」と私が感じている生徒も、よくよく見ると「時間を引き延ばしている(1枚にかける時間を長くして、時間が過ぎるのを待っている)」ように見えることもあります。
速い生徒は、「すっと確認、すっと得点入力」と進んでいって、実際、こういう生徒の方が実力が伸びているんですね。
間違えた問題の確認が甘くなれば、また間違えてリトライになるんですが、その分、練習量は増えます。
実際、eトレは何回もリトライになっている生徒の方が、学校のテストや道コンで得点を伸ばしているのです。
だから、私は〇付けやリトライにはうるさいんです。

今日、春期講習では2時間で50問に届いていなかった生徒がeトレに1コマ出席しました。
その際に、「今日はこの単元を全部終わらせよう。一応1枚10分で計算すると、順調にいって3枚だから、解き終わるはずだ」と話してから取り組ませました。
すると、1回リトライになって、計4枚解くことができました。
解いた問題数は67問。
講習では2時間で50問届かなかったのに。
「これが集中。これを自分の中で一般化させること。家で勉強するときもこういう取り組みを意識すること」と話して授業を終えましたが、本人も少し納得したようでした。


さて、少しは塾生のみなさんの参考になったでしょうか。
まあ、ぶっちゃけ、これは私の体験談です。
私自身、気分が乗らないときは全然集中できませんでした。
だから「ここまで終えたら休もう」「今日はここまでやり切ろう」と毎日の勉強に目標を設定し取り組んできたのです。
結果、ダラ勉にならず取り組めたので、こういう考え方でよかったんだろうなと思っています。
「勉強は時間ではなく、『量』で測る」
塾生のみなさん、これは絶対に忘れないでくださいね。

では、また。
来週も教室で待っています。

北大を歩いてくると。
2023年04月14日 (金) | 編集 |
今日は、「春に向けてがんばったで賞」の賞品とプリンタのトナーカートリッジを買いにヨドバシカメラに行ってきました。
運動不足解消のために北高近くの自宅アパートから歩いていってきたのですが、途中、北海道大学の構内を歩いてきました。

いやあ、北大を歩くと、タイムスリップしますね(笑)。
大学の建物は変わっても、メインストリートと呼ばれる南北の通りがまったく変わっていない。
20年前と一緒(笑)。
立て看板が立ってるし、あまり人がいないし。

農学部の建物の前を通ると、22年前、私が惚れた景色が今も変わらず残っていました。
父と2人で北海道ツアーに来たときに見た景色。
「ここで大学生活を送りたい」と、思わせてくれた景色。
この景色に出会わなければ、今、北海道にいることもなかったかもしれません。

北大の南端にある「大学生協」。
この横の桜は、ほかの桜より一足早く咲いていました。
「春だなぁ…」
そんなことを感じてタイムスリップは終了。

ヨドバシカメラに入ると、ポケモンのカードを求める行列が。
整理券が配布されるくらいの人が並んでいました。
すごかった(;^_^A。
まあ、私はパッパッと買い物を済ませて家に帰りましたが。

「先生って、午前中、何してるんですか」と聞かれたことがあります。
こんなこと、やっています(笑)。
大体、教室関係の買い物か、家の用事の買い物か、DDRやってるかです。

明日は通常通りの土曜日授業です。
中1国語の授業も始めます。
中1国語も2年ぶりの授業です。
やっぱり少し緊張しています。

では、また。
明日も教室で待っています。

ドタバタ、のち、ほっこり。
2023年04月13日 (木) | 編集 |
今日は朝からドタバタでしたねぇ…。
碓氷家ももれなくドタバタで、アラートが鳴り、5歳の娘は怖がり、幼稚園バスは運休に。
アラートが解除されると、幼稚園は自由登園になり、私は休ませる気でいたのですが、娘は「行きたい」と。
今、午前保育期間で、2時間で終わりなのですが、車で送り、2時間後、車で迎えに…。
その間に、今日の授業のための買い物をして、A4用紙を買い足して…。
まあ、ドタバタと疲れました(-_-;)。

そんな状態で、教室に来たのですが、郵便受けに一枚のはがきが入っていました。
今年、大学に進学した生徒からのはがきで、入学式の写真が印刷されていました。
いやあ、うれしかったですね。
こういうのは18年この仕事をやってきて初めての経験だったので。
小学生から教えていた生徒なので、大学の入学式の晴れ姿に感動してしまいました。
心がほっこりしました。
ありがとう。

また、今日は中1の集団授業の初回でした。
現中2世代は集団受講者がいないので、約2年ぶりの中1の初回。
私もちょっと緊張しました(;^ω^)。
でも、みんなそこそこ楽しそうにやってくれていたので、少し安心しました。
このまま、がんばっていってほしいと思います。
私もより伝わりやすい授業を心がけます。

では、また。
明日は中3の集団授業2回目。
すでに欠席連絡も来ていますが、出席するみんな、がんばっていきましょう。

明日も教室で待っています。



あ、昨日「初心、忘れていませんか」と書いたら、久しぶりに来た生徒が2人(*´ω`*)。
良かった。
教室も「必要とされてなんぼ」なので、みんな、来てくださいね。


新レギュラー。
2023年04月12日 (水) | 編集 |
新年度の通常授業が始まって、今日で1週間。
昨年は正直4月の出席率は高くなく、現高1世代で1人だけ毎日来てくれた生徒がいたくらい。
その生徒も卒業してしまったので、「さてさて、今年はどうなるかなぁ」と思っていたら、「新レギュラー」が誕生。

春期講習から入塾した中2生。
4月6日から今日まで、出席可能日6日に対し、出席が6日。
つまり、毎日出席してくれているのです。
中2の生徒がこれだけ毎日来てくれるのはいつ以来?と思うくらいがんばっています。
当然、eトレを解いた問題数も今日時点の4月ランキング1位。
すでに2000問解いています。
本当に、よくがんばっています。

次点は出席可能日6日に対し、4日出席が3名。
3月入塾の中3生、4月入塾の中2生、そして、在籍1年半の中3生。
最後の生徒が何とか踏ん張ってくれているのですが、まあ、新入塾の生徒の方が出席してくれています。

「初心忘れるべからず」という言葉があります。
この「初心」のは「何かをやろうと決めた時のまっすぐな気持ち」のこと。
ウスイ学習教室は「やる気」の塾で、みなさんが「ここでがんばる」という気もちがなければ伸びないことは何回もここにも書いてきました。
「初心」を忘れていませんか。
忘れていたら、思い出してください。
すでに新学期は始まっています。


では、また。