fc2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
3名修了。
2023年11月30日 (木) | 編集 |
今日をもって、高3生3名が修了しました。
進学先が決まったので、まあ、卒業です。
3名とも、よくがんばりました。
それぞれに思い出があります。
みな3年以上通塾してくれました。
思うように成績が上がらなかったときもくじけずにがんばってくれました。
4月からはそれぞれ新しいステージでがんばってくださいね。

卒業する生徒がいる一方で、「また通いたい」という連絡を高1生の保護者の方からいただきました。
ありがとうございます。
また、次の目標に向けて一緒にがんばっていきたいと思います。

明日は個人懇談です。
授業開始は16:40からなので注意してください。

では、また。


スポンサーサイト



冬期講習情報をアップしました。
2023年11月29日 (水) | 編集 |
メインHPに冬期講習の詳細をアップしました。
当塾での冬期講習の受講をご検討中の方は、ぜひご覧ください。

小学生・中学生の塾生のみなさんも、1月道コンの日時を掲載しています。
1月の時間割でも連絡しますが、一足早く、道コンの日時を確認してください。


さて、教室の近くにあったパン屋さんが明日をもって閉店することになりました。
結構、買って食べていたので残念です。
今日、久しぶりに行ってみたら、すでに全商品売り切れていました。
お店が愛されていた証拠だと思います。


では、今日もがんばりましょう。
教室で待っています。

寒暖差にやられる。
2023年11月28日 (火) | 編集 |
今日は昨日に比べ、最高気温もぐんと上がりました。
私はちょっとこの寒暖差にやられています…(;´∀`)。
体が何となく「重い」んですよね。
いや、体重は増えていませんよ(;^ω^)。
むしろ先週より減っています、1キロくらい。
でも、何となく「重さ」を感じるんですね。

メンタル面もやや影響しているのかもしれません。
まあ、季節柄、仕方ないかもしれませんが。

話は変わって、冬期講習について。
すでに講習へのお問い合わせ・お申込みもいただいていますが、塾生のみなさんには今月のウスイ通信に「冬期講習出席クラス希望」のピンクの用紙を同封しています。
確認して、12月11日までに教室に提出してください。

冬期講習の情報は今日明日中にメインHPに掲載します。
当塾での冬期講習の受講をご検討中の方は、ぜひ一度ご覧ください。

今回の講習では中3生には「応用力強化」を徹底してもらおうと思っています。
もちろん「基礎力アップ」も重要です。
合わせて、入試問題や道コンで正解できる実力を伸ばしてほしいのですね。
基本ができた人から、eトレでもどんどん実戦問題に取り組んでいきましょう。

明日からはまたグンと冷え込むようで、もう今日くらい暖かい日はなさそうです。
みなさんも体調には十分に気を付けてください。
合わせて、メンタルが凹んだときは一度気を抜いて、休んで、また踏ん張る力を蓄えてください。
息抜きも大事です。

では、また。



明日も自習室開放。
2023年11月25日 (土) | 編集 |
明日は今年度最後の自習室開放を行います。
時間は13:40から17:30です。
来週・再来週にテストがある高校生で教室を使って勉強したい人はぜひ来てください。
とはいえ、明日も風が強そうなので、危険な場合は家で勉強してくださいね。

体調不良で欠席という人がまた増えてきました。
インフル警報も発令中です。
体調管理には十分に気を付けつつ、もし体調が優れないときは早めに寝て、十分な休息をとってください。

では。

一気に降った。
2023年11月24日 (金) | 編集 |
ついに一気に雪が降ってきました。
あたり一面の雪。
しかも今日は雷と暴風も…。
そんな中でも教室に来てくれた塾生のみんなには感謝感謝です。

この暴風雪は明日まで続くとのこと。
明日、教室に来る際は十分に気を付けて来てください。
集団授業または補習授業を欠席する場合は連絡をください。
よろしくお願いします。

さて、教室前を雪かきしてから帰ります。
では。

明日は自習室開放と道コン2次受験です。
2023年11月22日 (水) | 編集 |
明日は高校生優先の自習室開放を行います。
時間は13:40~17:30です。
高校生はぜひ出席してください。
中学生も歓迎します。

また、18日(土)の中3道コンを欠席した生徒対象の道コン2次受験も実施します。
こちらは13:40~18:40です。
(自習室開放後に英語のリスニングを行います)
対象のみなさんはコンパス・定規も忘れずに、時間までに教室に来てください。


冬期講習について。
日程は決まりました。
後日HPに掲載します。
また、塾生のみなさんには12月のウスイ通信とともに「出席クラス希望調査」を配布します。
確認して、12月10日までに提出してください。


明日は中3道コンです。
2023年11月17日 (金) | 編集 |
明日は中3道コンです。
時間は12:40~17:40です。
中3生は時間を間違えないように出席してください。
私は今回の道コンを「進路決定道コン」と位置付けています。
各自、モチベーションを最大にして、明日の問題に取り組んでください。
がんばろう!

明日の授業は18:40~21:30の3時間のみです。
毎週土曜に出席しているみなさんは注意してください。

中学生から「インフルエンザになりました」という連絡も受けています。
まだまだ油断せずに、手洗い・うがい・R-1(復活)をしていきましょう。

では。

「俺が第一号だと思ってたのに!」
2023年11月15日 (水) | 編集 |
今日、開校2年目の卒業生がやってきました。
で、「司法試験に受かりました!」と。
「えっ、どういうこと?」
「いや、だから、俺も司法試験に受かったんです。先生のブログ見たら、他の人も受かったって知って、『俺が卒業生の司法試験合格第一号だと思ってたのに!』ってことで、報告に来ました」と。
「え、マジで?お前が?」
「はい」
「ほんとに?」
「はい」
「すごいな!それはびっくりだわ!」
そんなやり取りをしました(笑)。

いやあ、本当に驚きました。
この生徒は小学生のときから知っているんですよ。
お兄さんも前の塾で教えていました。
中学時は…、とても褒められる生徒では…(;´∀`)。
塾内での振る舞いは…(;´∀`)。
まあ、模範生ではなかったと…。
「コーヒー牛乳事件」とか「ラーメン事件」とか「シュークリーム事件」とか、私にとってはかなり印象深い生徒ではありましたが(笑)。
(本人はまったく覚えていないとのこと)
高校受験は申し訳ないことに、第一志望の札幌北は不合格だったのです。
でも、必死に鍛えてきたので、光星のA特待でステラコースに行ったのですね。
(そしたら、ステラを「これでは高校生活が楽しめない」というので、1年で特進コースに移ったらしいのですが…(;´∀`))
それでも、高校では上位の成績で、北大の法学部に現役合格し、法科大学院へ。
今年から博士2年でも司法試験を受けられるようになったらしく、それで司法試験を受験し合格したとのこと。
いやあ、小学生時代や中学生時代を知っている私としては、本当に驚きでした。

しかし、司法試験の合格者は1500名程度とのことで、そこに2名の卒業生がいるうちの塾って、結構すごいのか?
「窓に『卒業生が2名司法試験に合格しました!』とか貼ればいいじゃないですか」と今日来た生徒は言っていましたが(笑)。
でも、直接司法試験の指導をしたわけじゃないですからね(;´∀`)。
まあ、ここには書かせてもらいましたが。

でも、この生徒も「出藍の誉れ」です。
驚きの方が強いですが、嬉しいことです。
この世代は警察官になった生徒もいるので、警察に司法にと、それぞれががんばってくれそうです。
10年やってきてよかったなぁ。
長くやってきて、かつまだ続けていられるので、こういう報告を受けることができますからね。
本当に嬉しい。
今日は報告に来てくれてありがとう。

さて、せっかく来てくれたので、「共通テスト前の高3生に何かアドバイスは?」と聞くと、
「まず、学校の先生はフル活用すること。わからなければ、自分の担当以外の先生にも聞きに行く」
「過去問や問題集は3周する。2周目は1周目に間違えた問題のみ。3周目は2周目のミスのみで」
「問題集で間違えた問題に印をつけていくと、たまに『☆7つ』とか印がついているのに出会って、『うお、今日こそは!』という気持ちになる。これが大事だと思う。もうこの時期だから、数学とか社会・理科系科目は新しい問題集には手を出さず、手元にあるのを何周もすることが大事」

とのことでした。
高3生で共通テストに挑む3名にはぜひ参考にしてほしいです。

あと、この卒業生も話していたのが、
「『この勉強は何のためにやっているのか』という気持ちがあるのと、ないのとでは、身に付き方が全然違う」
ということ。
私も何回も話していますが「勉強する目的がしっかりしているかどうか」ということです。
「ただ、何となく、言われたから、やる」のではダメだということです。
ダメというか、あまり身につかない。
また、この卒業生は、
「『明日、何を勉強するか』は前の日に全部考えておく」
とのことでした。
こういう自分の勉強を計画することは、私が「自分時間割を作ろう」と言っていることに通じますね。
みなさん、参考にしてください。

最後に、
「司法試験、簡単だから、ぜひ塾生に勧めておいてください」
「簡単っていうけど、お前だって大学院に入ってから1年以上勉強したんだろ?」
「いや、学部3年の時から始めましたから、3年とちょっとですね」
「それは簡単とは言わないだろ。でも、中学のときから考えられないくらい努力できるようになったんだな」
「高校に入ってから、中学の時に自分が足りなかったものが分かりました。それは『復習』。中学の時はどんどん進むことしか考えてなかったですね。高校時代は模試の復習とかも20分問題を解いたら、復習に40分かけました。英文とか徹底的にやりました」
と話してくれました。

まさか、彼からこんな話が聞けるとは…、本当にうれしく思います。
現塾生のみんなも、ぜひ参考にしてください。
目標は大きく、そして、努力し続けていくこと。
それは、本当に自分の財産になります。
これからもがんばっていきましょう!



大目標と小目標。
2023年11月14日 (火) | 編集 |
「金持ちになる」
これは、現高3生のある生徒が、中1のときに言っていたこと。
で、この生徒は現在も在籍していますが、中学3年で学年5位→札幌東高合格(Bランク)。
高3の1回目の模試では理系で校内4位(109名中)。
中学時の印象ではここまで伸びることは想定できませんでした。
驚くくらい伸びています。

でも、中学時の成績だけで比べたら、この生徒よりも上位の生徒も、同じくらいの成績の生徒も多数いました。
ところが、高校に入ってから思うように伸びない生徒やあまり成績が変わらなかった生徒も多数いました。

この違いは何なのか。
それは「大目標」と「小目標」をしっかりと区別しているかどうか、ということなのかなと思います。

この生徒の場合、「金持ちになる」ことは社会に出てからでないと達成できない目標で、学校のテストや高校入試、大学入試は「通過点」なのです。
ゴールではない。
だから、「気持ちが切れない」。
ところが、「高校合格」や「大学合格」を「大目標」にしてしまうと、それが達成されたとき、「次の目標」にすぐに基地を切り替えることができないのだと思います。

実際、私も「高校入試は通過点」と考えていましたが、「北大合格」を最大目標にしていたので、大学に合格した後、一気にモチベーションが下がりました。
大学時代は、かなり目標もぶれたし、何となく気持ちが入らない時間の方が長かったです。
社会に出てからも、「ただ何となく」過ごしていたから、(まあ、パ〇ハラとかありましたけど)就職した会社を1年たたずに辞めてしまったのかと思います。
今、この仕事をしているほうが圧倒的に充実しています。
疲れも悩みもたくさんありますが、それを超えるくらいの充実度がある。
それは私に「目標」があるからだと思うんです。
「ウスイ学習教室を東区一の個人塾にする」
これが今の私の目標。
まだまだ先は長そうですが…(;´∀`)。
がんばります!

みなさんには「目標」がありますか。
それは「どれくらい先の目標」ですか。
近い目標であれば、それの先の目標も決めておいた方が良い。
近い目標を達成した後に、「よし、次!」と気持ちを上げられるようにしておいてほしい。
でないと、大学合格後の私のように「ただ何となく」貴重な毎日を過ごすことになってしまうから。
一生かけるくらいの「大目標」と1年くらいの「小目標」をそれぞれ決めて、充実した学生生活を送ってほしいと思います。

では。

今日の自習室開放は。
2023年11月12日 (日) | 編集 |
今日の自習室開放は13:50まで誰も来ず、「あ…、これは4時間暇なやつか…?」と焦っていたのですが、直後に中3生が1名来てくれて助かりました(;´∀`)。
14:30からは高校生が4名も来てくれて、一安心。
何回か質問もしてくれたので、良い自習室開放になったのかなと思います。

とはいえ、寒いし、暗くなるのが早くなってきて、塾生のみんなが教室に来るのも二の足を踏む時期になってきました。
そんな中でも、今日来てくれたみんなには感謝です。
というか、毎週しっかり出席してくれている塾生のみんな全員に感謝です。
どうもありがとう!

これからどんどん寒くなっていきますが、みんな体調に気を付けつつ、また教室で集中して勉強してくれたら嬉しいです。
まだまだみんなの実力は伸びます。
実際、今回のテストでかなり伸びた人もいます。
大事なことは「考えること」。
「なんで、こうなるのか」を考えて、1つ1つ「仕組みを理解すること」です。
ぜひ、実践してみてください。

正直、私はこの考えにたどり着くまでに生まれてから14年かかりました(;´∀`)。
中3になってからです、こういう考えを持てたのは。
そういう意味では、みなさんは私よりも早く「考える」習慣のスタートを切ることができます。
どんどん私を超えていってくださいね。

では、また。
明日以降も寒いですが、教室でストーブを付けて待っています。