FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
感謝。
2018年10月08日 (月) | 編集 |
昨日の自習室開放の最後の時間に出席してくれたみなさん、協力してくれて本当にありがとう。
みなさんが17時30分にバーッと退室してくれたおかげで、私は17時50分札幌発の快速エアポートに間に合い、19時10分の飛行機で羽田に向かうことが出来ました。
で、23時に群馬に着き、祖母と最後の別れをすることができました。
本当にありがとう。

今日は5時30分に起床、7時21分の新幹線、10時15分の飛行機に乗り、12時55分に札幌に戻ってきました。
さすがに疲れました(笑)。
しかし、6時間で札幌から群馬に行き、6時間滞在し、6時間で群馬から札幌に戻ってくることになるとは。
我ながらむちゃくちゃな計画を立てたものです。

でもね、もし塾生のみなさんがこのブログを見ていたら覚えておいてほしいのだけれど、
何か自分が絶対にやりたいと思ったことがあったら、無茶でもなんでもやるべきなんですよ。
「これだけは譲れない」と思うもの、「絶対にこうなりたい」と思うものには、恐れや心配を抱えたままでも挑んでほしいのです。
挑戦してほしいのです。

今日、テスト4日前にも関わらず、テスト範囲のワークが終わっていない中3生にきつめに注意しました。
「何が大事かを勘違いするんじゃないよ」「本末転倒になるなよ」と。
中学生の、というか学生の本分は「学業」「勉強」です。
部活やスポーツは私は二の次だと思っています。
「まず学業、野球はその次。人間的な成長なくして、一流はあり得ない」
私が尊敬している野村克也元楽天監督も著書でこう述べています。

こんなことを言っては今の中3生に失礼かもしれない。
でも、私の目から見ると、今年の中3生は今年の中2生の意気込みに負けている。
「点数を取ろう」「1学期の成績を挽回しよう」という気持ちで負けているように見える。
ワークの取り組み一つでも負けている。

前述の野村監督の著書によれば、伸びる条件の1つに「負けず嫌いであること」があるという。
中3生のみんな、中2生に負けたままでよいのかい。
悔しくないのかな。
悔しいと思うのならば、行動で見せてください。

明日も教室で待っています。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック