FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
2ヵ月。
2018年11月06日 (火) | 編集 |
東区も震度6弱を記録した胆振東部地震から2ヵ月。
「2ヵ月も経ったのか…」というのが正直な感想です。

教室内はまだ地震のあとに変更したレイアウトのまま。
窓際のスペースはまだ塾生は進入禁止にしています。
窓は修理してもらったものの、まだ壁紙や石膏ボードの修理・補修が終わっていないのです。
大工さんもかなり忙しいとのこと。

今日、久しぶりに携帯のネットニュースに清田区の現状が載っていました。
家はまだ傾いたまま。
修理もままならない状況が続いているとのこと。
家を手放したり、転居したりする人も多いそうです。

私の身の回りでは、教室以外はほぼ地震前に戻っているので、大きくは感じませんでしたが、まだ地震の被害が大きく残っているのだなと痛感しました。

そんな中で、教室で、塾生とともに私を元気づけてくれているのが、1年前に平岸高校の学校祭で購入した「アドロミスクス・クーペリー」。
日本語では「天錦章」というベンケイソウ科の多肉植物。
まあ、サボテンやアロエの仲間です。
大きさはプラスチック製のコップに入るくらいの小さい植物です。
あだ名は「くうちゃん」です(笑)。
地震前まで教室中央のカラーボックスの上に置いていたのですが、地震でカラーボックスとともに倒れ、大きく育っていた葉は上部の2つを残して、すべて取れてしまいました。
コップの中の土も散乱し、「もう枯れてしまうかな」とも思っていたのです。

コップに戻し、散乱した土を半分くらい戻し、水と栄養剤を与え、様子を見てきました。
すると、1週間くらいは「しなっと」したまま、枯れそうだったのですが、その後、元気を取り戻したのかすっくと上へ上へと伸び直したのです。
今は、倒れないように私のパソコンの前に置いていますが、「ここまで元気になるんだなぁ。植物もすごいなぁ。私も負けてられないなぁ」と思わせてくれるほどグングン伸びています。

2ヵ月前、見るだけで心が痛んだときもありました。
それが、今では塾生とともに私をまた元気にしてくれています。
とても嬉しいことです。

今日は体験にきてくれた子もいて、随分と教室が混み合っていました。
座席を制限していることもありますが、久しぶりに出席者が18名を超えた時間もありました。
教室もまだ完全復活とはいきませんが、少しずつでも一歩ずつでも前に進んでいきたいなと思います。

塾生のみんなは、今日も来てくれてありがとう。
習い事の前に来てくれるようになった人もいて、本当にがんばっているなと思います。
久しぶりに夜の時間に来てくれた人もいました。
最近は最低でも3時間がんばってから帰るようになった人もいます。
嬉しい限りです。
まだまだ私もがんばります。
みんなが教室を活用してくれる限り、私はがんばれそうです。

というわけで、明日も一緒にがんばっていきましょう!
また教室で待っています!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック