FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
また、ぼやく。
2019年09月14日 (土) | 編集 |
明日と明後日は休校です。

と、時間割にも書いておいたので、今日は「連休前だし、出席率もいつもより高いかなぁ」と思っていたのですが、なんと先週の土曜日よりも出席率が低く、とても残念でした。

もちろん、熱心に出席してくれている生徒も居ます。
先週、毎日出席した中2の生徒は、今週も毎日来ました。
これで、休校日を除いて12日間連続出席です。
中3生でも多い生徒は週4~5日出席。
もう少し集中力と熱心さがほしい生徒も居ますが、4~5日来ている生徒はこれまでよりがんばっていると思います。

ちょっとね、心配な中3生が多いのです。
出席回数があまりに少ない気がするのですよ。
今日も「用紙が切れないように多めに用意しておこう」と思っていたら、A4用紙1梱包(500枚)がほぼそのまま残ってしまいました。
今週1~2回しか来ていない人、特に中3生は大丈夫かなぁと心配になるのです。
そんなに余裕を持てる合格可能性ではなかったと思うのですが。
もちろん、家で集中して教室に来ているのと同じくらい勉強しているのであれば構いません。
ただ、私の希望としては教室を使ってほしいし、もし、家で勉強するのであれば最低でも土日は5時間くらいは勉強してほしい。
午前2時間、午後2時間、夜1時間。
これくらいやって初めて「今日は勉強したぞ」と胸を張れるでしょう。

仮にも受験生なのです。
2時間くらいで満足していたら、他のライバルには勝てません。
まして、体調不良以外の理由で勉強しない日を作っているようでは、受験には勝てません。

昨日、中3のある生徒が「何でこれはtoなんですか、forじゃダメなんですか」という質問をしてきました。
それに答えるために、私が高校時代に大学受験のために使っていた英語の文法書を見せると、「先生、めっちゃ勉強してるじゃないですか!」と驚いていました。
汚くなった参考書です。
汚くした、が正しい表現かも知れません。
あちこちに線を引き、蛍光ペンを引いて、それでも間違えたら青のボールペンでも線を引いて、ところどころに鉛筆で書き込み…。
そのときの私は北海道大学に何が何でも合格したかったのです。
参考書が汚くなることなんか、まったく気にしていませんでした。
もう1冊、使い続けた世界史の用語集は受験が終わる頃にはぼろぼろになりすぎて、表紙と本体がバラバラになりました。

もし、本当に受験生のみなさんが、「絶対にこの高校に行きたいんだ」「絶対にこの大学に合格するんだ」と思っているならば、私が言っていることもわかると思います。
必要なのは「何が何でも」という気持ち。
表に出しても、出さなくても良い。
「何が何でも」という気持ちを持って、「行動する」ことです。

目標がぶれていたり、定まっていなければ、この気持ちは持てません。
決まっていなければ、決めましょう。
「行きたいところがない」というのは無責任ですよ。
探して、見つけて、合格目指して、テキストもeトレもフル活用して対策して、そして合格を掴み取ってほしいのです。
ライバルはもうとっくに走り出しているのですから。

そう、今年の中3生は昨年の中3生と比べ、「絶対にここに行きたい」という志望校が決まっている生徒が少ないのです。
昨年は2名を除いて、この時点で自分の行きたい高校が定まっていました。
個人懇談をしてもすぐに「じゃあ、この高校に向けてどう対策して行くか」という話に移れたほどに。

各高校の説明会もそろそろ終わる時期です。
受験まであと半年を切りました。
学校の12月の個人懇談まではあと3ヵ月です。
3ヵ月後に胸を張って「この高校を受けます」と言えますか。
そういう気持ちで9月、10月、11月を過ごしていってほしいのです。

長くなりました。
ぼやきすぎました。

中3生、奮起を。

また来週、教室で待っています。

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック