FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
良い空気。
2020年07月28日 (火) | 編集 |
今日は授業後に「夜トレ」に参加した中3生が3名。
うち1人は、21時半でeトレが解き終わらず、少し延長してから「先生、今から夜トレやっても良いですか」と聞いてきたんですね。
「いいよー。もちろんだよ~」と返して始めましたが、いやあ、嬉しいもんです。

入塾時は積極的ではなく、お母さんからも「何とかスイッチを入れてほしいので」とお手紙をいただいていたくらい。
それが、こういう風に「自分から」言ってくるようになったというのがとても嬉しい。

うちは「自分から」という生徒にはもってこいの塾です。
裏を返せば、「自分から」という姿勢がないと生き残れない塾でもあります。
やめていった生徒の多くは、ぶっちゃけ、「うちの空気になじめなかった」と言えます。
ある意味、「自由だからこそ自分が問われる塾」なんです。

そういう空気の中でこうやって「自分から」という姿勢が出てきてくれたことは嬉しい。
今日、夜トレに参加したほかの2名も、そんなに積極的なタイプではありません。
でも、「今日、やっていきたいです」「やります」と言うんですね。

自分でいうのもなんですが、「ウスイズム」が浸透してきてくれたのかなぁと(笑)。
あとは、しっかり結果に結び付けられるようにアドバイスしていきたいです。

さて、話は変わって、今日一番最初に来た高校生が「親とけんかしている」とのことでした。
進路や勉強について、いろいろとぶつかっているようです。
うん、よくわかります(笑)。
私も、高校生時代、親とけんかして、家の前のプレハブ小屋に立てこもり生活したことがあります(笑)。
朝起きて、祖母が玄関を開けた瞬間に家に入って、自分で弁当作って、さっさと高校へ自転車こいで行って…。
まあ、今から考えると、よくこんなことしていたなぁと思いますが(笑)。
親にもさんざん迷惑かけましたからねぇ…。
あ、今もかけてます、多分に…(苦笑)。

でも、中学時代~高校時代ってそんなものだと思います。
親とぶつかって、兄弟とぶつかって。
そのなかで「自分の本当にやりたいこと」「自分が本当に行きたい学校」「自分がどう生きていくのか」を考えていくんだと思います。
今日の生徒にも上記の経験を踏まえて話をしましたが、やっぱり「自分がやりたいこと」のためには頭を下げる時も必要なんですね。

私もあれだけ親とぶつかっておきながら、大学に合格するために英語の通信教育をやらせてもらいました。
どう頼んだかはあまり覚えていないのですが(苦笑)、でも、親もよく許可してくれたなぁと思います。
あのときは大して感謝の気持ちはなかったですが、今では本当に感謝感謝です。

自分がやりたいことはその瞬間瞬間で変わるかもしれません。
でも、本気で「こうしたい」と思ったことならば、揺るがないと思うんです。
今日の高校生にはそんな話をしました。
「自分のやりたいことをじっと考えてみるといいよ」
「そこから『こういうことができる大学はどこなんだろう』と探していけばいい」
「いろいろとピックアップしてそれらの中から『自分はここ』というのを選べばいいよ」と。

経験談でしか話はできませんが、経験したからこそ分かることも多いです。
親との衝突なんかまさにそうです(笑)。
そう考えると、あの衝突も無駄ではなかったなぁとしみじみ思います。
こうやってアドバイスできるし、親に感謝することもできるようになったし。

人生に無駄はないんですね。

というわけで、塾生のみなさん、日々に勉強にも無駄はないんですよ(笑)。
明日もがんばりましょう!
また教室で待っています。

明日から駐輪場工事が入ります。
自転車で来る人は注意してくださいね。

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック