fc2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
自己推薦で。
2023年02月16日 (木) | 編集 |
公立高校入試の推薦選抜が初めて自己推薦になった今年度。
当塾からも2名が挑戦。
うち1名は「受かりました」と今日報告に来てくれました。
よかった、よかった。
もう一人は連絡がないのでどうだったかなぁ…。

校内選考がなくなったので、「生徒会」や「委員会の委員長」「学級代表」などの役職にこだわらず、自分の持ち味を生かして受験できるようになったのはよかったと思います。
過去には推薦入試に挑戦するために、「敢えて」生徒会役員になった生徒もいましたからね。
本当はやりたくないのに。
また過去に推薦選抜に挑戦しようと思ったら、「部活の部長ではダメ。生徒会をやっていないと」と校内選考で落とされた生徒もいました。
その生徒は無事に学力検査で合格したので良かったものの、私は胸にもやもやとしたものが残っていたので、今回の変更はとても良かったと思っています。

さて、これで、公立高校入試はあと学力検査を残すのみとなりました。
今日の集団授業でもよく集中していたと思います。
もう一つ、二つレベルアップさせて本番を迎えさせたいなぁ。
あと2週、こちらもできる限りのサポートをしていこうと思います。


話は変わって、テストのこと。
中1・中2の学年末テストが終わりました。
結果に凹んでいる生徒もいます。
そんな時にやるべきことは「良かった点と悪かった点の洗い出し」です。
「今回の対策でよかった点は何か、悪かった点・足りなかった点は何か」を書き出し、それを次のテストまで机に貼っておきましょう。
常に見えるようにしておくことが大切です。


私も教室の机の前の壁にいっぱい貼っています。
忘れっぽくなってきたこともありますが…(;^ω^)。
でも、見えるようにしておくことは大事なんですね。

もう一つ大事なことは「変える勇気」。

私は中2の2学期にドーンと成績が下がりました。
得点でいうと5教科合計が50点くらい下がったのです。
それまでは「まとめノート」を作って勉強していました。
いつしか、作ることに満足していたのだと思います。
で、中2の2学期ですから数学だと連立や一次関数、英語は不定詞・比較など、さらに理科の電気…。
これはわれわれの時代も同じような内容でした。
まあ、書く練習・解く練習をしなければできない単元ばかりですね。
で、ドーンとやってしまったわけです。
確か、英語と理科が極端に下がったんだったかな。
理科は十の位の数字がひっくり返ったはずです(;^_^A。
5教科合計375点。
これは25年以上経った今でも正確に覚えています。
まあ衝撃でした。

で、勉強のやり方を変えたのです。
このテスト以降、ノートまとめはやめました。
毎日練習する問題数を増やしました。
それでも、国語・数学・社会は90点台に戻せましたが、理科と英語は最後まで足を引っ張りました。
苦い思い出です。

中2の内容からは問題をしっかり解くことが重要です。
頭でわかったつもりでいると、私のように失敗しますよ。
これは塾の先生としてではなく、人生の先輩としての意見です。
でも、そこからやり方を変えて、一生懸命がんばれば必ず伸びます。
だって、中2時代400点取れなかった私が北大現役合格できたのです。
まだまだみなさんは伸びますよ。
「変える勇気」とそれに伴う努力を続けていけば、必ず。


明日の中2の集団授業でも少し話をしますね。
中2のみなさんは楽しみにしていてください。

では。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック