fc2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
モチベーションの維持。
2017年03月28日 (火) | 編集 |
今日で連続2日間の10時間授業は終了。
明日29日の授業は13:10から21:30までです。
間違えて午前中に来ないようにしてくださいね。

今回は10時間勉強している塾生は新高1の1人のみ。
これまで夏と冬で10時間みっちり勉強していた生徒ですが、今日は最後の2時間はエネルギー切れ。
というより、「モチベーションが切れた」のかもしれません。

これまでは「高校受験」や「道コン」という確固たる目標があったのに対し、これからは未知の高校生活に向けての不安と期待のみ。
大学という目標があったとしても、よほど心に決めたものでなければ、漠然とかすんでしまいます。

やっぱりモチベーションを維持することは、並大抵のことではできないと思います。
どうしても、楽な方や「大衆」の方に進んでしまう。
うちの教室は基本的に休み時間は飲食をしてもOKなのですが、新高1~新高3までのほとんどの生徒が「休み時間になったらスマホをいじっている」という、この現実。
今日、新高3生には苦言を呈しましたが、「古典ができるようになりたいのなら、スマホ見てる暇を全部、古典の資料集を読むことに費やした方がいい」と思うのです。
そのくらいの努力ができなくては、古典の克服などできないと思います。

モチベーション。
「実現するためのやる気」「本気度」とも言えるかもしれません。
「根性論」が随分と否定的に捉えられる時代になりましたが、私は、何かを達成しようと思ったら精神的なものが一番必要だと思うんです。
それが足りなければ、達成などできない。

大学を出て、最初に勤めた職場で学んだことで1つだけ役に立っていること。
それは「最悪の状況を考えて、最善の行動をせよ」という当時の支店長の言葉。
これはもう10年以上前に聞いた言葉で、当時の職種は塾とはまったく関係のないものでしたが、まだ忘れていません。
「まさにその通りだなぁ」とじーんと心に響いてきたからでしょう。

私は受験で落ちたことで学ぶこともあると思います。
でも、やっぱり塾の「先生」としては、塾生全員を志望校に入れたい。
誰1人、不合格で涙する、ということはさせたくない。
だから、その為の投資は惜しみません。

みなさんにとって、受験においての「最悪の状況」とは何でしょうか?
「不合格」以外に最悪の状況はあるのでしょうか?
それを避けるためにできる「最善の行動」とは何でしょうか?
塾生だけでなく、学生全員に考えてほしいことです。


話は変わって、スマホへのぼやき。
ナンセンスかもしれませんが、各中学、高校でスマホの使用法などをちゃんと警告すれば良いのです。
人間、手元にあると使いたくなるのだから、手から話してしまえば良いのに。
塾の休み時間も、歩くときも、地下鉄でも、そんなにスマホに使われていたいのかなぁと思います。

ツイッターは使用年齢を「17歳以上に引き上げた」そうです。
英断だと思います
大賛成です。
私はラインやフェイスブックなども同様にすべきだと思います。
ぶっちゃけ、このブログもそれでもいいと思います。
(そんなに塾生、見ていないだろうし…)

いずれにせよ、新生活でスマホを手にしたみんな、「スマホに使われる」ことのないようにしてください。


それでは、明日も午後から勉強しましょう!
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック