FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
漢字を書かない中学生。
2018年07月04日 (水) | 編集 |
ウスイ学習教室では、各中学のテストが終わった後に、それぞれの生徒の解答用紙を持ってきてもらい、それぞれにをチェック・分析し、コメントを付けて返却しています。

それを見て、今回特に思ったことが、「漢字が書けない」ということ。
国語の漢字の問題や社会・理科の漢字指定の問題でのミスがとにかく多い。
これには「?」と思わざるを得ません。

漢字など(と言ったら漢字に失礼ですが)は、「何回も練習すれば得点出来る部分」だと思うのです。
うちの息子の小学校でも、「自主学習ノート」というものが用意されていますが、私の時代にもありました。
漢字練習は計算練習と同じくらい、自主学習や漢字練習ノートで取り組んだものです。
最近は、こういう風潮はなくなってしまったのでしょうか。
となると、自主学習っていったい何をやっているのだろう、と思ってしまいます。

漢検協会がリーフレットや漢検新聞で「漢字の間違いに注意!」と例を挙げて説明している記事を見て、
私は「いやいや、そんな間違い、しないだろう」と思っていたのですが、
どうも、最近の中学生は、私が「しないだろう」と思っていたようなミスをしてきます。
または「空欄」です。

もったいない。
練習すれば得点出来るなんて、各教科でそんなにあるものではありません。
でも、やらなければ、大きな失点になります。
漢字を勉強することは、私は「勉強の基本である『練習するからできるようになる』ことを覚えるためにやること」だと思います。

というわけで、中学生のみなさん、漢字を練習しましょう。
そして、次のテストでは漢字の問題は全問正解しましょう。
合わせて、8月の漢字検定でそれぞれの級に合格しましょう。
うちの息子にも受けさせる予定です。
まあ、本人が「やるから」というのでやらせるのですが。

漢字の問題が全問正解できていたら、みんなの得点はどれだけ伸びるのか、それぞれ考えてみてください。
そこを「なまけるとこころがむなしくなり」、しっかり考え自分を見つめると「自分の非力がよくわかる」と思います。
だったら、対策すれば良いだけのこと。
逃げずに、やってみませんか。

明日も教室で待っています。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック