FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
講習終了。
2018年08月12日 (日) | 編集 |
今日で夏期講習も無事終了。
最終日の今日は欠席が多く、のべ8名しか出席がありませんでしたが、出席した生徒はみながんばってくれました。

ちなみに、今日出席した中1、中2はそれぞれ1名ずつですが、ともに一昨日の道コンで塾内トップだった塾生。
出席率と成績はやはり関係あるのでしょうか。

気になって、今回の講習で解いたeトレの問題数を出席した時間で割って、「1時間あたり何問解いているか」を計算してみました。
「単位時間に解く問題数が多いほど、集中力が高い」と思うからです。
「単位時間に解く問題数が多い」→「道コンの得点が高い」となれば、やはり「どれだけ集中して問題を解くかが重要」と言えるでしょう。

で、計算してみると、中1で道コントップの生徒は1時間当たり116.6問で全学年でトップでした。
道コンの合計点は260点以上取っているので、「集中力=成績」と言えると思います。

中2のトップの生徒は1時間当たり87.1問。
こちらは学年でトップの数字でした。
この生徒よりも講習の出席回数が多く、解いた問題数が多い生徒もいるのですが、単位時間で比べてみると10問以上の差が付いていました。
まあ、それでも点数は合計で3点下がっているので、まだまだこれから、というところではあります。

中3のトップは1時間当たり82.2問。
トップではありますが、道コン合計点は10点下がっています。

つまり、「1時間当たりに解く問題数が多ければ多いほど、成績の維持・向上につながっている」と言えます。

逆に「出席回数が多くても、1時間当たりで解く問題数が少なかった」生徒の中には道コンの得点が大きく下がった生徒も。
もちろん、こういうタイプの生徒でも成績が上がっている生徒もいます。
ただ、得点を大きく伸ばしている、とは言い難いのが現実です。

何となく、塾生のみんなの2学期に向けての課題が見えてきた気がします。

明日からはお盆休みで休校です。
2学期は17日(金)からスタートです。
eトレに取り組むときは「1時間当たり100問以上」を目標にがんばっていきましょう。

それでは、17日に教室で待っています。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック