FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
受験シーズン到来。
2018年09月18日 (火) | 編集 |
明日は中3の学力テスト総合A。
延期になっていましたが、いよいよ本格的な高校受験シーズン到来です。

今日も中3の半数くらいがeトレでの対策に力を入れていました。
今日来なかった生徒も自体でしっかり集中して対策してくれていると思います。
明日は今の自分の実力を落ち着いてすべて出し切ってきましょう。
それが「次」への第一歩です。

先日、高2のある生徒に話したことですが、受験勉強などにおいて大事なことは、【「生活ありき」で考えること】だと思います。
これまで高校受験や大学受験で好成績を収めた生徒はみな【無理して勉強していなかった】のです。
実は、私もそうでした。
勉強もしましたが、遊びにも行ったし、ゲームもしました。
「○時間は寝たい。少しはゲームもしたい。とすると、朝5時から学校に行くまでは勉強だな。あと図書館で2時間は出来るな…」というように、自分のやりたいことをやりながら勉強するように計画を立てていました。
こうすると、気分良く勉強できます。
自分で決めた計画に追い詰められることもありません。

初めから「勉強ありき」で計画を立てていくと、「終わらない」「間に合わない」と自分の計画に追い詰められることもあります。
こうなると気持ちばかりが焦って、なかなか集中できません。
また勉強ありきの計画は時間的にカツカツになることが多く、非常事態などに対応できないものが多いのです。
勉強の計画に「ゆとり」となる気晴らしやリフレッシュの時間を入れておけば、万が一、非常事態が起こったとしても、その「ゆとり」をうまく使うことで、焦らずに対応することができます。

私は塾生のみんなにこういう「ゆとりを持った学習計画」を立てていってほしいのです。
部活や趣味や遊びなど、自分のやりたいことをやりつつ、自分の実力を上げ、進路を実現する。
こういう勉強をしていってほしいのです。
やらされる勉強もやることに追われる勉強も望みません。
一生懸命やるのと、追われて焦ってやるのは、まったくの別物です。
ゆとりを持っても、一生懸命努力することはできるし、それで進路を実現することもできると思います。
事実、当塾から北大や東京理大に合格した生徒や、札幌北高などに合格した生徒はそういう生徒が多かったと思います。

焦らず、ゆとりを持って、周りも見て、勉強していきましょう。
その方が、楽しいし、集中力も上がると私は思います。

教室でも集中しつつ、どこかゆとりを持って(とはいえ、教室で遊ばれても困りますが)、勉強していきましょう。
明日も、ファイトです。
楽しく、がんばっていきましょう。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック