FC2ブログ
低価格で通い放題! ウスイ学習教室 http://usuijuku.com/
良い刺激。
2020年07月06日 (月) | 編集 |
先週体験に来てくれた中3生が入塾してくれました。
その生徒がかなりのスピードでeトレの問題を解くのは以前書いた通りなのですが、これが塾生全体、特に同じ中3生に良い刺激となっているようです。
上位校を目指している生徒ほど顕著ですね。
嬉しいことです。

自分の経験からしても、「他者を意識する」ことはとても良い刺激になります。
私、中学までとんでもなく汚い字を書いていたのですが、自分でまとめノートを作り、それを友達に見せるようになってから、「きれいに書かなくちゃ」と字のきれいさを意識するようになりました。
汚い字で見せたくなかったんですね。
また、高校生活でも「上位の大学を目指す友人」ができてから、勉強に対する意識がさらに上がったように思います。

「自分のペースで」と言えば聞こえはいいですが、私は「自分のペース以上」を常に意識してほしいと思います。
「マイペース」では成長がないからです。
引っ張られてこそ、自分の現状以上を目指してこそ、成長できると思うのです。

塾生のみんなも、「今の自分」以上を目指していってほしい。
今の自分で満足しないようにしてほしいのです。
まだまだ成長できるはずです。
私も負けませんよ。
私もまだまだ成長する(学力と精神面で)つもりですからね!
体力ではちょっとかなわなさそうなので…(汗)。

それでは、明日もがんばりましょう。
今日は暑かったですね。
明日は雨予報ですが25度近くまで気温は上がるそうです。
こういう日も熱中症の恐れはあるので、特に運動部のみなさんは気を付けてください。
適度な水分補給と、毎日の手洗い・うがいですね。

また教室で待っています。


料理と数学。
2020年07月05日 (日) | 編集 |
今日の自習室解放は7名が出席。
高3が2名、高2が1名、高1が1名、中3が3名。
中3生はeトレで、高校生はテキストでそれぞれ問題を解き進めていました。
みんな、お疲れさまでした。

高2生との会話の中で、「数学と料理は似ている」と話しました。
「数学の公式や解き方が料理のレシピ。適当にやると思わぬ失敗をする」と。
私は本当にこの2つは似ていると思うんですね。

数学は、「まず基本通りにやること」が大事。
筆算を書いたり、途中式を正確に書いたり、面倒だと思うことこそが大事なのですね。
それに慣れてきたら、暗算や途中式を省略しても間違えなくなります。
でも、基本をマスターする前に省略したり、途中式をさぼったりすると大体数学が嫌いになっていきます。
正解できない、面倒、やっても伸びない、などなど。
実は「レシピ通りにやれば解ける」のにやっていないだけなんですが。

料理も「まずレシピ通りに」からスタートです。
これを「適当にやる」ととんでもないことになります。
私も大学生時代、一人暮らしの時にだいぶやらかしました(笑)。
「ああ、料理と数学って似ている」と思ったのはこのころです。
(余談ですが、高校時代には説明を読まずに「だいたい2分だろう」とあんまんを電子レンジにかけ、「プシュー…」と電子レンジから煙を出したことがあります。あんまんの中のあんこが炭化していました(苦笑)。メガネの件も考えると、「何も成長していないな…」と反省しています。)

料理も数学もまず基本の徹底から。
料理も何回も作ることでうまくなっていきます。
私も卵焼きとカレーだけはまずまずうまく作れるようになりました。
一応、子供たちにも好評です。
それ以外の品は完全に嫁さん任せですが…(汗)。

失敗して、また作って、失敗して、少しずつ上達して。
レシピを確認しながら、問題を解き進めていく。
数学も料理も1つずつです。
今や男女平等の時代。
男子も女子も数学と料理をあきらめずに取り組んでいきましょう。
きっと上達しますよ。

それでは、また。
また教室で待っています。

最後に連絡。
8月の道コンの受験を希望する人は11日(土)までに申込書を提出してください。
期限厳守でお願いしますね。


1時間で100問以上!
2020年07月04日 (土) | 編集 |
6月のeトレランキングを集計していた時に気になったのが、「1時間当たりの問題数」。
以前も書いたように、速い生徒だと150~200問を1時間で解きます。
数学はどうしても時間がかかりますが、英語・社会・理科はだいたい1時間に100問解いたら「よい集中力」と私は考えています。

というわけで、今日、英・社・理に取り組んでいた生徒には、「1時間に100問以上解くこと!」と話しました。
うちの授業時間は1コマ50分なので、1分で2問以上解かないとこの基準は達成できません。
こうなると塾生も時間を意識しながら解きます。
6月には時計を見て、ぼーっとしている時間があった生徒も、今日はどんどん問題を解いて、理科を1時間で110問解きました。
中1の女子生徒も2時間で社会と数学の問題を合わせて230問解きました。
ともによく集中していたと思います。

こうやって時間あたりの問題数を意識して問題を解くことが習慣になると、問題を解くスピードが上がり、試験時間内の時間配分もやりやすくなります。
良いことばかりです

これは、これからの「ウスイズム」(ウスイの授業方針)にも組み込んでいこうと思うので、塾生のみなさんは覚悟しておいてくださいね(笑)。
来週から集団授業でも問題を解く時間を1分短縮していきます。
私がこのことを忘れていなければですが(笑)。

さて、明日は自習室開放を行います。
中学生はテストはまだ先ですが、高校生は来週からテスト週間ですからね。
みんな、気合を入れてがんばりましょう。
もちろん、中学生の参加もOKです。
開放時間は13:40~18:30の5時間です。
出席したい人は自由に出席してください。
eトレも使えるようにしておくので、「日曜昼もeトレやりたい!」と言う人はぜひ出席を。

それでは、明日もがんばりましょう。
また教室で待っています。


なお、高3生の入塾受付は今月いっぱいとさせていただきます。
中3生は私立中生が道コンを受けないとのことで、あと2名受け入れ可能になりました。
また、中1・中2はまだ多数空席があります(苦笑)。
高1・高2は合わせて2名受け入れ可能です。
「問題をガンガン解きたい」「自分の必要な強化を徹底的に取り組みたい」「毎日通塾したい」という希望がある人はぜひ体験に来てください。
一緒に勉強しましょう!


メガネが…。
2020年07月03日 (金) | 編集 |
先日、メガネの修理でメガネ屋さんに行ったときに、「メガネの曇り止め」というのを見つけました。
「こうやって使うんですよ~」と紹介されたので、「こりゃあ、良い」と600円で購入。
で、使ってみたのですが…。

いや、昨日までは何ともなかったのです。
で、今日も使ってみたら、レンズに白い汚れが付いたんですね。
で、「これ、何だ」とちょっと爪でいじってみたら、ぼろぼろとレンズのコーティングが…(汗)。
「うえっ」と思って、説明書を確認すると、
「コーティングが劣化したレンズや傷のついたレンズに使用すると、剥離や白化する恐れがあります」って注意事項の上から2つ目に書いてあるではありませんか。
はぁぁ…。

私、薬でも何でも説明書を大して読まないんですね。
それで今まで何とかなっていたので、「まさか、こんなことになるとは…」という感じです。
大失敗。
痛い目を見ました。
これからは説明書の確認は怠らないようにします。

「痛い目」を見ると、意識が変わります。
塾生でも「痛い目」を見た生徒ほど、意識が変わります。
「テストで失敗した」が一番多いですかね。
でも、その経験をしっかり次に生かそうと努力できれば、その「痛い目」も財産になります。

今日の中3の授業でも長文対策や実戦練習で「痛い目」を見た生徒もいます。
大事なのは、その経験をどう次へ生かしていくか。
これはみなさん自身がしっかり見つめてほしいことです。
「次」につなげること。
これを意識して復習していきましょう。

明日は通常授業です。
明後日の日曜日は高校生優先の自習室解放です。
積極的に教室を使ってください。
その方が教室も喜びます。

それでは、明日もがんばりましょう。
また教室で待っています。


波乱の予感。
2020年07月03日 (金) | 編集 |
7月に入って2日。
7月のeトレランキングは波乱の予感。

まだ2日しか経っていませんが、現在無料体験中の生徒が出席時間3時間で783問でトップ。
これってとてもすごいことで、1時間で250問以上解いているんですね。
プリントでいうと1時間で12枚以上解いているのです。

次点が6月のトップだった生徒で660問。
こちらは出席時間5時間。
1時間当たり120問(←これはこれで結構すごいこと)。
プリントでは6枚ほど解いています。

昨年のeトレランキングも7月に波乱があったんですね。
夏期講習に申し込んできた生徒が、1週間で4000問以上解いてランクイン。
8月にはトップに立ちました。
そして、そこからは同じく夏期講習から入ってきた生徒と常にトップ争いを演じました。
ともに志望校に合格するだけの力をつけてくれました。

ただ、昨年、少し残念だったのが、それまで上位にいた生徒がトップ争いに絡めなくなったこと。
同じくeトレの取り放題コースだったのですが、新たに入ってきた生徒の方が圧倒的に問題を解くようになっていったのです。

さて、今年はどうなるか。
まだ体験中なので入塾が確定したわけではありませんが、超新星がこれまでのランキングを激変させるのか。
はたまた、これまで上位を守ってきた生徒がその意地を見せるのか。
あるいは、別な生徒の逆襲があるのか。
7月のランキングはとても楽しみです。

また、今年の生徒に期待するのは1か月の最高問題数の更新です。
ランキングを作り始めた5年前から現在までで、1か月に解いた問題数の最高記録は「12566問」。
現高2の塾生が中3の11月に記録したものです。

昨年は前述の生徒でも更新できなかったんですね。
今年は誰かに更新してほしいと思います。

とはいえ、これはとてつもない記録で、1日あたり500問以上、プリントにして25枚以上解いて記録したものです。
ものすごい練習量でした(笑)。
何回もリトライになりましたけどね。
余談ですが、この生徒は小6からいたのですが、中3の7月までは問題数ランキングのトップに立ったことはありませんでした。
ところが、夏期講習のとき、当時トップだった生徒の弟が来て「お姉ちゃんがトップなんだね。すごいね~」と言っていたのを聞いて、「負けたくない!」と思ってから火が付いたそうです。
(と、本人が言っていました)
この生徒は8月、10月~1月まで毎月10000問以上解きました。
道コンでの志望校合格可能性は70%でしたが、当日、「もうやれることは全部やったから」と吹っ切って受験し、見事合格を果たせたのはこの問題演習量があったからだと思います。

さあ、塾生のみなさん、どんどん問題を解きましょう。
解いて、解いて、解きまくって、それで復習して。
ウスイ学習教室で実力を伸ばすためには、まず問題を解くことからです。
わからなければ、いつでも質問を。
そして、自分で解けるようになるまで、また解いていきましょう。

明日も教室で待っています。